GP-Pro EX つながる機器一覧 フィールドバス通信/その他機器

マルチ・データボックスの各モデルは、SP5000、GP4000M、LT4000Mと同様です。Pro-face IoT Gateway(ゲートウェイモード未使用時)は、GP4000と同様です。

フィールドバス通信/その他機器

フィールドバス通信

メーカ名 通信ドライバ
※下段()内が対応シリーズ/接続機器です。詳細型式は機器接続マニュアルで必ずご確認ください。
SP GP LT IPC Device Monitor *5 パススルー シリアルマルチリンク USB/SIO RS422/485 *5
5000 4000 4000M 4100 3000 4000M 3000 PS5000
PS4000
PE4000B
PL3000
PS3000
(WinGP)
CAN in Automation CANopen Slave
(GP3000、LT3000、Premium、Twido)
- - - - - - - - - -
CC-Link Partner Association CC-Link インテリジェントデバイス
(MELSEC Aシリーズ、MELSEC QnA シリーズ、MELSEC Q シリーズ、MELSEC L シリーズ)
- - - - - - - - - -
ODVA
(Open DeviceNet Vendor Association, Inc.)
DeviceNet スレーブ
(Rocwell Automation, Inc. : SLC500、PLC-5、ControlLogix、MicroLogix、CompactLogix、オムロン株式会社: SYSMAC α、SYSMAC CS1、SYSMAC CJ、株式会社日立製作所: S10mini、S10V、横河電機株式会社: FA-M3)
- - - - - - - - - -
PROFIBUS International PROFIBUS DP スレーブ
(Siemens SIMATIC S7-300/400 シリーズ、その他の各社 PROFIBUS DP マスター対応機器)
- - - - - - - - -
各メーカ名をクリックすると詳しい型式や結線図などを記載した「機器接続マニュアル」が参照できます。
については、ドライバのアップデートが必要です。クリックするとダウンロードページへ進みます。

その他機器

メーカ名 通信ドライバ
※下段()内が対応シリーズ/接続機器です。詳細型式は機器接続マニュアルで必ずご確認ください。
SP GP LT IPC Device Monitor *5 パススルー シリアルマルチリンク USB/SIO RS422/485 *5
5000 4000 4000M 4100 3000 4000M 3000 PS5000
PS4000
PE4000B
PL3000
PS3000
(WinGP)
アズビル株式会社 コントローラ(CPL)
(エッジセンサ:PBC)
(気体流量計:CMS、CMF、CMQ-V、MPC、MVF、CML)
(バーナコントローラ:AUR350C、AUR450C、RX、BC-R
- -
株式会社デジタル メモリリンク *1
(パソコンやマイコンボード等)
 *3 - -
汎用SIO *2
(各種シリアル通信機器)
- -
汎用イーサネット *2
(各種イーサネット通信機器)
- - -
株式会社安川電機 MP Ethernet/メカトロリンク
(株式会社 エム・システム技研 リモートI/O)(アズビル株式会社 K1Gシリーズ)(オリエンタルモーター株式会社 AZシリーズ)
- - -
Cognex Corporation In-Sight ビジョンシステム
(In-Sight 5000/7000シリーズビジョンシステム、In-Sight Microビジョンシステム)
*4 - - - -
Modbus-IDA 汎用 MODBUS SIO マスタ
(MODBUS スレーブ機器)
- -
汎用 MODBUS TCP マスタ
(MODBUS スレーブ機器)
- - -
ODVA
(Open DeviceNet Vendor Association, Inc.)
EtherNet/IP Explicit Messaging
(EtherNet/IP)
(Implicit Messaging Setting [WAGO:750-352、Phoenix Contact: IL EIP BK DI8 DO4 2TX-PAC、SMC: EX600-8EN1、Applied Motion Products: ST10-IP-EE、Lexium Motion Drive LMDCE571: Lexium-071614-01])
- - - -
各メーカ名をクリックすると詳しい型式や結線図などを記載した「機器接続マニュアル」が参照できます。
については、ドライバのアップデートが必要です。クリックするとダウンロードページへ進みます。
 

*1 本体内部に設けられた記憶領域を介して通信を行うドライバです。

*2 Dスクリプトで送受信コマンド処理するプログラムドライバです。

*3 ロジックの実行時間が長いと応答までの時間が長くなります。マスタの接続機器がタイムアウトする場合、タイムアウト設定を長めに設定してください。

*4 GP4100シリーズカラーモデルのみ対応

*5 対応機種については、リファレンスマニュアル1.5 機種別サポート機能一覧をご確認ください。