Pro-faceブランドの強み

HMI専業から
DXソリューションの
プレイヤーへ

HMIブランドである「Pro-face」は、⻑年にわたって多くのお客様にご使用いただいており、株式会社デジタルとして培ってきた製品と技術、サービスのクオリティーは⾼く、⽇本企業の良さを持ったまま、グローバル企業であるシュナイダーエレクトリックとして、お客様に新たなイノベーションを実現できるポテンシャルがあります。また日本でも2017年からシュナイダーエレクトリックのソリューションであるEcoStruxureやAVEVAの産業ソフトウェアを提供していくようになり、HMI専業から取り扱い製品・ソリューションが増えDX(デジタルトランスフォーメーション)につながるソリューションが広がっています。

Pro-faceのHMIはどんなものにもつながるIoT機器へ

Pro-faceの特⻑は「圧倒的なコネクティビティー」にあります。これまではHMIの元祖として技術的に先⾏し、どんなPLCともつながることを前⾯に押し出してきました。それがDXの時代になり、つなぐのはPLCだけではなく、センサーや他のフィールド機器、さらにはMESやエッジコンピューター、ERPなど上位のシステムやクラウドまで広がっています。Pro-faceはこれを機に「どんなPLCにもつながるHMI」から「どんなものにもつながるIoT機器」という新たなブランドとして展開していきます。

IoTやデータ活⽤のトータルなソリューションも提供

収集したデータを蓄積して活⽤したい、そのための基盤を整備したいという場合も、当社にはEcoStruxureやAVEVAの産業⽤ソフトウェアがあり、Pro-faceと合わせてIoTやデータ活⽤のトータルなソリューションも提供できます。そうしたニーズに対しても⼤きく貢献できます。

パートナーと⼀緒に提案できる基盤を強化

⽇本企業の良さとグローバルで展開するソリューションとのハイブリッドで、当社独⾃の良さを活かします。具体的には、ソリューションを販売代理店・パートナーと⼀緒に提案できる基盤を強化し、Pro-faceをIoTブランドとして、お客様のDXをサポートし、課題解決に向けて貢献していきます。