GP4000シリーズにてイメージフォントを設定したプロジェクトファイルを転送ツールを使用して、イーサネット経由で画面プロジェクトファイルの受信を利用されているお客様へ重要なお知らせ

掲載日:2021/9/1

 
 

平素より弊社製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
このたび、GP4000シリーズにて転送ツールを使用してイーサネット経由で画面プロジェクトファイルの受信を利用されている場合、以下の症状が発生することが確認されましたので報告させていただきます。
お客様には大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

症状の内容

GP-Pro EX Ver 4.09.250以上にて本体から転送ツールを使用してイーサネット経由で画面プロジェクトファイルを受信後、下記のエラーを表示し開くことができない。

 

エラー内容:「The project file could not be opened. Please select a different project.」

 

以下の全ての発生条件を満たした時に症状が発生致します。

 

発生条件

  • GP-Pro EX Ver 4.09.250を利用して画面プロジェクトファイルを本体に転送した場合
  • 画面プロジェクトファイルにイメージフォントを使用した場合
  • LANケーブルで本体から画面プロジェクトファイルの受信を行った場合

対象製品

下記の製品のご使用が対象となります。

 

画面作成ソフトウェア「GP-Pro EX」

製品型式 PFXEXEDV40
対象バージョン GP-Pro EX Ver 4.09.250
バージョン確認方法 [ヘルプ(H)] → [バージョン情報(A)]にてご確認をお願いいたします。

 

プログラマブル表示器 対象機種

シリーズ GP4000シリーズ
対象機種 全機種(GP-4201TWは除く)

対策方法

  1. GP-Pro EX Ver. 4.09.300をダウンロード後、インストールし、本体へ画面プロジェクトファイル転送を行うことで、この問題の症状を解消することができます。
     
    GP-Pro EX アップデートモジュール(Ver. 4.09.300以上)
    ダウンロードには、会員登録(無償)が必要となります。
     
     
  2. 何らかの理由により1の対策ができない場合は、下記の方法でこの問題の発生を回避することができます。
     
    1. GP-Pro EX Ver 4.09.250以上の転送ツールを使用してUSBケーブル経由で本体から画面プロジェクトファイルの受信をする。
    2. メモリローダツールを使用して本体から画面プロジェクトファイルのアップロードをする。

お問い合わせ

本件に関しましてご不明な点がございましたら、以下リンク先のシュナイダーエレクトリックホールディングス カスタマーケアセンターまでお問い合わせください。

シュナイダーエレクトリックホールディングス カスタマーケアセンター お問い合わせ先