GP-Pro EX Ver. 4.09.400 Limited Edition(Disc 1 / Disc 2)

概要

Limited Editionは、GP-Pro EXのライセンス(シリアルナンバー、キーコード)なしで、ソフトウェアを体験いただけるものです。GP4100シリーズ(モノクロモデル)への転送が可能ですが、その他シリーズへの転送については制限がございます。なお、GP-Pro EXのライセンス(シリアルナンバー/キーコード)を入力することで、[製品版]としてご利用いただくことが可能です。

詳細

最終更新日:2022年9月1日
掲載日:2020年1月6日

 

ご注意

GP-Pro EX Ver. 4.09.400の制限事項

  

GP-Pro EX Ver. 4.09.400を使ってHMI本体にデータ転送を行うと、HMI本体のシステムがアップデートされます。一部の機種では制限事項がありますのでご注意ください。

  • GP-Pro EX Ver. 4.09.400を使用してHMI本体に画面転送後、GP-Pro EX Ver. 4.09.350以前のバージョンからの画面転送ができません
    対象機種:GP4000シリーズ、GP4000Hシリーズ、IoT Gateway(PFXGP4G01DNWLS)
    GP-Pro EX Ver. 4.09.350 のシステムを継続してご使用される場合は、Ver. 4.09.400からの画面転送は実施しないでください。GP-Pro EX Ver. 4.09.400を使用してHMI本体に画面転送を実施するとシステムがバージョンアップされ、 その後はGP-Pro EX Ver. 4.09.350 以前のバージョンからの画面転送ができなくなります。 詳細に関してはFAQをご確認ください。

  • EZ-LAN アダプターに対応していません
    対象機種:ST6000T - EZ-LAN アダプターに対応していません。
    対象機種:GP4000シリーズ(GP4000M、GP41**シリーズ以外)、GP4000Hシリーズ、GP4G01
    EZ-LAN アダプターを使用される場合は、Ver. 4.09.350以前のバージョンをご使用ください。GP-Pro EX Ver. 4.09.400を使用してHMI本体に画面転送を実施するとシステムがバージョンアップされ、新しいシステムバージョンの本体ではEZ-LANアダプターが接続できません。

  • RPA機能(Remote PC Access)は対応していません
    対象機種: GP4000シリーズ、GP4000Hシリーズ
    RPA機能をお使いのお客様はVer. 4.09.350以前を継続してご使用ください。GP-Pro EX Ver. 4.09.400を使用してHMI本体に画面転送を実施すると、システムがバージョンアップされ新しいシステムバージョンの本体ではRPA機能が使用できません。

その他ご注意

  • ST6000シリーズご使用時には制限事項がありますので、必ずご購入の前に"Readme"をご確認ください。
  • WinGPのセキュリティーを強化したため、システムのバージョンアップが行われた際にはキーコードがクリアされます。再度キーコードを設定してください。
  • Ver. 4.00.000からVer. 4.09.120をお使いの方が、Ver. 4.09.200以降のバージョンへアップデートされる場合は、このページの下にありますDisc 1をダウンロードして、お使いのシリアルナンバーとキーコードを入力して新規にインストールしてください。
  • インストール用のファイルは、必ずダウンロードしてご使用ください。ダウンロード後、インストール対象のパソコン上のドライブでインストールしてください。ネットワークドライブを使用した場合、正常にインストールできません。
  • 本プログラムのファイル容量は大変大きいものになっております。ダウンロード完了までに長時間の接続が必要となる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 転送機能の"プロジェクト送信"はご利用いただけません。(GP4100シリーズモノクロモデルを除く)
  • その他の新機能、制限事項、改修不具合につきましては、このページ最下部のReadmeをご確認ください。
初回転送時の注意事項

Ver. 4.09.200以降のバージョンを使用して初めて表示器に転送を行う場合、「接続キー」の設定を要求される機種があります。接続キーは表示器ごとにパスワードを設定でき、強固なセキュリティー対策が可能となります。接続キーを忘れると表示器に接続できなくなりますので、詳しくは「マニュアル」をご参照ください。
GP-Pro EX V4.09.120までと同様に、プロジェクトファイルの送受信転送毎の認証を省略したい場合は接続キーの認証を求めない設定が可能です。詳しくは「マニュアル」をご参照ください。

インストール方法

インストールを開始する前に必ずすべてのアプリケーションプログラムを終了させてください。
  1. ダウンロードしたディスクイメージ(ISO)ファイルをDVDに書き込みます。
  2. 作成したDVDからProEX_Setup.exeを実行します。
  3. インストーラーの指示にしたがってインストールを行ってください。
  4. (Disc 1のみ)次の画面が表示されますので、GP-Pro EXのライセンス(シリアルナンバー/キーコード)をお持ちの方は、ご入力ください。お持ちでない方は「シリアル番号 / キーコードを入力しない(Limited Edition)」にチェックを入れ、「次へ」をクリックしてください。
    limited_edition_v409200_j.png
  5. Limited Editionを製品版として使用するには
  6. (Disc 1のみ)インストールの際に表示される「お読みください」の内容を必ずご確認ください。
 

ダウンロードファイル内容

[Disk1内容]

  • GP-Pro EX Ver. 4.09.400
  • 転送ツール / バージョンリバーター

[Disk2内容]

  • WinGP
  • GP-Viewer EX
  • Camera-Viewer EX
  • データコピーツール
  • GPリモートプリンタサーバー
  • EZ指紋認証設定ツール
  • EZ指紋認証ユニットドライバー
  • パススルー機能
  • Pro-face Remote HMI Server
  • EZタワーライトドライバー

動作環境

GP-Pro EXの動作環境をご確認ください。

Windows XP、Windows Vista、Windows 8をご使用のお客様へ

GP-Pro EXはWindows XP、Windows Vista、Windows 8のサポートを終了いたしました。上記OSを使用される場合はVer. 4.09.120をご使用ください。
GP-Pro EX Ver. 4.09.120

ご利用条件 / 注意事項

以下の事項に同意いただいたうえで、ご利用ください。
ファイルをダウンロードされた時点で、同意いただいたものとさせていただきます。
ダウンロード ご利用条件 / 注意事項

ダウンロード

Disc 1 :
949.22 MB (995,334,144Byte)
最終更新日: 2022/07/25
Disc 2 :
1.47 GB (1,574,694,912Byte)
最終更新日: 2022/07/15
  • Soft_GPPROEX409400D1.iso SHA256 : EC485CAA19174C014814955034DE03A492713F1ADBF850A8E7242282B43AB2C9
  • Soft_GPPROEX409400D2.iso SHA256 : DA8A5557F186FF556F8B08495E56374A19039FBA2EDD597E6D75D78E4F0AEB8C

ディスクイメージ(ISOファイル)をダウンロード後、DVDを作成してからインストールすることをお勧めします。
SHA値でダウンロードしたデータのチェックを行ってください。

 

お読みください(Readmeファイル)

製品の詳細については、以下のReadmeファイルをご覧ください。
Readme_J.txt