現在地

EcoStruxure Augmented Operator Advisor(シュナイダーARアドバイザー)

ARで直感的に情報をつかむ

シュナイダーARアドバイザーは、リアルタイムな情報をいつ・どこからでも指先で得ることができます。 作業者は、タブレットを操作盤、装置、⼯場にかざすことで、ほしい情報を迅速、かつわかりやすく取得。操作効率が劇的に向上します。
 

その他OS環境について
・Windows OSは2018年内にサポート予定です。

 

イントロダクションムービー

シュナイダーARアドバイザーの基本的な操作方法を動画でご覧ください。

特長

専門の技術者でなくても設備の状態把握が可能

タブレットをかざすだけで、各種設備(数値表示、グラフ表示、文字列情報表示)の状態を確認することができます。
AR特長1

異常個所や異常原因が一目で分かる

異常があるエリアの色を変更したり、アラームメッセージを表示できます。

例)
  • 異常エリアの色変更
  • メッセージの表示ON/OFF
  • メッセージの色替え
AR特長2

経験の浅い技術者でも異常時の早期復旧が可能

ARアプリからマニュアルや動画などへリンクさせることができます。

例)
  • 動画を使った復旧手順の指示
  • メンテナンス時の詳細手順書をPDFマニュアルで確認
AR特長3

盤を開けずに、盤内の状況把握が可能

表示画像を切り替えることができるので、盤を開けずに、盤内の状況を把握することが可能です。例えば、盤が閉まっている画像と開いている画像を切り替えて表示し、装置の数値やメッセージを表示できます。
AR特長4a

盤が閉まっている状態
AR特長4b

盤が開いている状態

基本構成

AR基本構成
 
* 画像をクリックして拡大

ARパートナー

シュナイダーARアドバイザーの販売パートナーとして、様々な生産現場に強みを持つ10社とパートナー契約を締結。関東、中部、北陸、関西、中国・四国など幅広いエリアに対して、シュナイダーARアドバイザーのご提供が可能です。

ARパートナー名(50音順)
   

バージョン情報

バージョン2.0.50
・日本語対応

各種ダウンロード

 

シュナイダーエレクトリック社について

シュナイダーエレクトリック(Schneider Electric)は、ビル、データセンター、基盤インフラ、産業に向けたエネルギーマネジメントとオートメーションの「デジタルトランスフォーメーション」を推進しています。
世界100ヵ国以上で事業を展開し、電力管理(低・高電圧およびセキュアパワー)とオートメーションシステムの分野で名実ともに業界のリーダーです。
エネルギー、オートメーション、ソフトウェアを組み合わせ、統合された効率化システムを提供します。

www.schneider-electric.com/jp