現在地

EcoStruxure Augmented Operator Advisor(シュナイダーARアドバイザー)

ARで直感的に情報をつかむ

シュナイダーARアドバイザーは、リアルタイムな情報をいつ・どこからでも指先で得ることができます。 作業者は、タブレットを操作盤、装置、⼯場にかざすことで、ほしい情報を迅速、かつわかりやすく取得。操作効率が劇的に向上します。
 

プロモーションムービー

シュナイダーARアドバイザーの基本的な操作方法を動画でご覧ください。

特長

専門の技術者でなくても設備の状態把握が可能

タブレットをかざすだけで、各種設備(数値表示、グラフ表示、文字列情報表示)の状態を確認することができます。
AR特長1

異常個所や異常原因が一目で分かる

異常があるエリアの色を変更したり、アラームメッセージを表示できます。

例)
  • 異常エリアの色変更
  • メッセージの表示ON/OFF
  • メッセージの色替え
AR特長2

経験の浅い技術者でも異常時の早期復旧が可能

ARアプリからマニュアルや動画などへリンクさせることができます。

例)
  • 動画を使った復旧手順の指示
  • メンテナンス時の詳細手順書をPDFマニュアルで確認
AR特長3

盤を開けずに、盤内の状況把握が可能

表示画像を切り替えることができるので、盤を開けずに、盤内の状況を把握することが可能です。例えば、盤が閉まっている画像と開いている画像を切り替えて表示し、装置の数値やメッセージを表示できます。
AR特長4a

盤が閉まっている状態
AR特長4b

盤が開いている状態

基本構成

 
* 画像をクリックして拡大

ARパートナー

シュナイダーARアドバイザーの販売パートナーとして、様々な生産現場に強みを持つ15社とパートナー契約を締結。関東、中部、北陸、関西、中国、四国、九州など幅広いエリアに対して、シュナイダーARアドバイザーのご提供が可能です。

ARパートナー名(50音順)

バージョン情報

バージョン2.4.0

【ARビルダー関連】
・シーンのコピーが可能になりました。
 コピーしたいシーンの上で右クリックすることでメニューが表示されます。
・プロジェクト内の検索機能が向上しました。
 変数やドキュメントなどのフィルタリング機能が強化されています。
・アイコンのデザインが変更されました。

【ARランタイム、マネージャー関連】
・プロシージャの操作ログや、付箋機能メモがCSVでエクスポートできるようになりました。
 ARマネージャーからエクスポートできます。
・AR ランタイムをサービスとして起動できるようになりました。
 アプリを終了するとバックグラウンドも同時に終了するか確認されるようになっています。

【ARアプリ】
・セキュリティを強化しています。
 

バージョン2.3.0

・Windowsタブレット対応
 

バージョン2.0.50

・日本語対応

推奨タブレット

iPad版

推奨機種 iPad(Air 2、Air mini 4、Pro)
OSバージョン Ver. 11.4以上

Android版

推奨機種 サムソンGalaxy S4、S5 Tab
OSバージョン Ver7.0以上

Windows版

推奨機種 マイクロソフトSurface Pro 3、Pro 6
パナソニック Tough Pad FZ-G1
OSバージョン Windows10 64ビット
       

各種ダウンロード

 

シュナイダーエレクトリックについて

シュナイダーエレクトリック(Schneider Electric)は、全ての人がエネルギーとデジタルにアクセスできる環境を提供したいと考えています。
エネルギーや資源を最大限活用することにより、いつでも、どこでも、だれにでも「Life Is On」を実現します。
世界をリードするエネルギー技術、リアルタイムオートメーション、ソフトウェアとサービスを「ビル、データセンター、電力インフラ、工場」向けに統合し、効率化と持続性を可能にするエネルギーとオートメーションのデジタルソリューションを提供しています。

私たちは、意義深い目標と包括的で実行力を伴う価値観をもって、オープン、グローバル、そして革新的なコミュニティの発展に尽力します。

www.se.com/jp