PFXSP5660TPD

製品基本情報
製品カテゴリー 
プログラマブル表示器(HMI)
シリーズ 
SP5000シリーズ
画面サイズ 
12型
型式 
PFXSP5660TPD
グローバルコード 
PFXSP5660TPD
製品特長 
12型 DC 無線LAN オートスケール 輝度センサー(プレミアムディスプレイ)
修理可否 
O(メンテナンス期間中、修理可)
表示仕様
表示デバイス 
TFTカラーLCD
表示サイズ 
12型
表示ドット数 
1,024 x 768ドット(XGA)
オートスケール 
あり
有効表示寸法 
W245.76 x H184.32mm
表示色・階調 
1,600万色
バックライト 
白色LED(交換はセンドバック方式)
バックライト寿命 
50,000時間以上(周囲温度25℃、連続点灯時、バックライトの輝度が50%になるまでの時間)
輝度調整 
0~100段階(タッチパネルまたはソフトウェアで調整)
輝度センサー 
あり
タッチパネル方式 
アナログ抵抗膜方式 (マルチタッチ)
タッチパネル分解能 
1,024 x 1,024
タッチパネル寿命 
100万回以上
電気的仕様
定格電圧 
12~24Vdc
電圧許容範囲 
10.8~28.8Vdc
許容瞬時停電時間 
12Vdc:1.25ms以下
24Vdc:5ms以下
消費電力 
最大:23W
外部接続機器への供給電源を除いた場合:20W以下
バックライト消灯時(スタンバイモード):8W以下
バックライト調光時(輝度20%):13W以下*1
突入電流 
30A以下
耐ノイズ 
ノイズ電圧:1,000Vp-p
パルス幅:1µs
立ち上がり時間:1ns(ノイズシミュレータによる)
絶縁耐力 
1,000Vac 20mA 1分間(充電部端子とFG端子間)
絶縁抵抗 
500Vdc 10MΩ以上(充電部端子とFG端子間)

1ディスプレイモジュールのみの消費電力です。

環境仕様
国際安全規格 
ccc.gifce.gifkc.gifkcs.gifnepsi.giful508.giful508ansi.gif
使用周囲温度 
0~60℃
保存周囲温度 
-20~+60℃
使用周囲湿度 
10~90%RH(結露のないこと、湿球温度39℃以下)
保存周囲湿度 
10~90%RH(結露のないこと、湿球温度39℃以下)
じんあい 
0.1mg/m³以下(導電性塵埃のないこと)
汚染度 
汚染度2
腐食性ガス 
腐食性ガスのないこと
耐気圧(使用高度) 
800~1,114hPa(海抜2,000m以下)
耐振動 
JIS B 3502、IEC/EN61131-2準拠
5~9Hz 片振幅:3.5mm
9~150Hz 定加速度:9.8m/s²
X,Y,Z各方向 10サイクル(100分間)
耐衝撃性 
JIS B 3502、IEC/EN 61131-2 準拠
147m/s2、X、Y、Z の方向に各3回
耐静電気放電 
接触放電法:6kV
気中放電法:8kV
(IEC/EN61000-4-2 レベル3)
インターフェイス仕様
USB Type A 
USB 2.0(Type A)x 1、電源電圧:5Vdc ±5%、最大出力電流:500mA、最大通信距離:5m*2
USB mini B 
USB 2.0(mini-B) x 1、最大通信距離:5m

2各種類のUSBデバイスを1つずつのみ接続できます。同じ種類を複数接続すると、最初に接続したUSBデバイスのみが機能します。

無線LAN仕様
規格 
IEEE802.11b/IEEE802.11g/IEEE802.11n*3
周波数帯域幅 
2.4GHz
チャネル帯域幅 
20MHz
通信チャネル 
アクセスポイントモードの場合:1~11ch
クライアントモードの場合:
北米:1~11ch、日本:1~13ch、ヨーロッパ:1~13ch、韓国:1~13ch、中国:1~13ch、台湾:1~11ch*4
通信速度 
IEEE802.11b:最大11Mbps、IEEE802.11g:最大54Mbps、IEEE802.11n:最大72.2 Mbps
通信距離 
最大30m(アプリケーションソフトウェアや周囲環境により距離が変動)
通信モード 
インフラストラクチャー
ネットワーク認証方式 
Open、WPA-Personal、WPA2-Personal
データ暗号化方式 
WEP(128ビット)(Open)、AUTO/TKIP(WPA-Personal)、AES(WPA2-Personal)*5
クライアント最大接続台数 
10
接続可能距離と範囲 
接続可能範囲は表示面側のみです。また接続可能距離や範囲は、お客様の使用環境や使用アプリケーション、通信相手機器に依存しますので、事前にお客様の使用環境にて指向性を含めた動作確認を実施してください。

3無線LANはオープンボックスモジュールと組合わせた構成で使用してください。
機器を操作する用途に無線通信を使用しないでください。無線通信システムの設計では、通信干渉の可能性を考慮する必要があります。

4アクセスポイントモードでは、IEEE802.11d に対応していません。
クライアントモードでは、周囲のアクセスポイントがIEEE802.11dに対応していない場合は、1~11チャンネルに制限されます。

5アクセスポイントモードでは、WEP に対応していません。

設置仕様
接地 
機能接地:D種接地(SG-FG共通)
冷却方式 
自然空冷
保護構造 
工場出荷時に取り付け済みのフロントUSBカバーを使用する場合:
IP65F、IP67F、TYPE 1
オプションのフロントUSBカバー(ネジ付き)を使用する場合:
IP66F、P67F、TYPE 1、TYPE 4X(室内専用)/13
注記: オプションはシュナイダーエレクトリックホールディングス(株)製フロントUSB カバー(ネジ付き)(型式:PFXZCDCVUS1)です。*6
外形寸法 
W315 x H241 x D67mm
パネルカット寸法 
W301.5 x H227.5mm*7
質量 
3.2kg以下*8

6本製品をパネルに取り付けたときのフロント部分に関する保護構造です。当該試験条件で適合性を確認していますが、あらゆる環境での使用を保証しているものではありません。特に試験に規定されている油であっても、長時間にわたり噴霧状態に本製品がさらされている場合や極端に粘度の低い切削油にさらされている場合などは、フロント部のシートのはがれにより油の浸入が発生することがあります。その場合は別途対策が必要となります。
また、規定外の油でも同様の浸入やプラスチックが変質することがあります。本製品を使用する前にあらかじめご使用の環境をご確認ください。
また、長時間使用した防滴ガスケット(パッキン)や一度パネル取り付けした防滴ガスケット(パッキン)はキズや汚れが付き、十分な保護効果を得られない場合があります。安定した保護効果を得るためには、防滴ガスケット(パッキン)の定期的な交換をお勧めします。

7寸法公差はすべて+1/-0mm、角のRはR3以下です。

8ディスプレイモジュールのみ

外観図・寸法図
外形寸法図 

ディスプレイモジュールとボックスモジュール組合わせ時

sp5600tp_with_box_module_dimensions.gif

3Dデータを360°Viewで確認(右クリックでパソコンに保存してご覧ください)
パネルカット寸法図 

sp5000_panelcut.gif

A B C(パネル厚許容範囲)
301.5 (+1/-0) 227.5 (+1/-0) 1.6~5
ケーブル付き外観図 

sp5600tp_with_box_module_cable_dimensions.gif

(画像:オープンボックス)

*1取り付け金具の回転部分

*2取り付け金具のネジの中心からネジの中心までの寸法値

GPL/LGPLライセンス

This product partially uses the open source licensed under public license such as GNU General Public License (GPL), GNU Lesser General Public License (LGPL).

As long as these open source, you have the right to get, modify and redistribute them.

WE PROVIDES THESE SOURCE CODE "AS IS" WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND AND ALL SUCH WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, ARE HEREBY DISCLAIMED, INCLUDING, WITHOUT LIMITATION, WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS OR USEFULLNESS FOR ANY PARTICULAR PURPOSE, ACCURACY, AVAILABILITY, QUALITY OF THE SOURCE CODE, PERFORMANCE OR NON-INFRINGEMENT.

There is no guarantee by the copyright for these as the open source and we do not provide nor is obligated to provide support for the usage of these source code packages, but we guarantee this product under the condition described in this script.

You can refer to the following links about GPL / LGPL.
GPL: https://gnu.org/licenses/gpl.html
LGPL: http://www.gnu.org/licenses/old-licenses/lgpl-2.1.html