操作性とデザイン性を追求した産業用コンピューター「PS5000シリーズ」を発売

掲載日:2015/8/19
株式会社デジタル(社長:安村義彦)は、過酷な環境の製造現場向けながら、操作性やデザイン性を両立させた高機能なスリムタイプの産業用コンピューターPS5000シリーズを新たに発売します。

近年、IoT(Internet of Things)やインダストリー4.0といった新しいモノづくりの概念が注目され、モノづくりにおいて大きな変革期であると言われています。ITやクラウドなどを簡単に活用できる時代になり、市場、生産、流通、消費のトレンドデータをモノづくりに活かすことが世界の製造業で戦う必須条件となってきています。このPS5000シリーズは、製造現場でもそれらの最新のテクノロジーをすぐに活用できるようにするため、Pro-faceがHMIで長年培ってきた各種制御機器やロボットとの高い接続性と、それらの接続機器を簡単にコントロールできる革新的なソフトウェアテクノロジーでモノづくりのIT化、ネットワーク化をするためのゲートウェイとなるキーデバイスとして開発されました。また従来機種に比べ最新のCPUやメモリを搭載し、スワイプやズームなどジェスチャーオペレーションにも対応しました。Pro-faceは過酷な生産現場での使用にも耐えうる産業用コンピューターを20年以上提供し続けている高い信頼性でお客様に選ばれています。
製品名 画面サイズ 発売日 参考標準価格(税別)
PS-5811W 19型ワイド 8月19日 651,100円~
PS-5711W 15型ワイド 479,200円~

PS5000シリーズの主な特長

1. 従来機種に比べ約6割奥行をカットしスリム化を実現

1mmでも薄くすることに徹底的にこだわった超薄型設計で、奥行きを従来製品と比較して約40%にまで削減しました。そのため大きくなりがちな高機能な装置の操作盤を薄くできるので、操作盤購入にかかるコストを大きく削減できます。

2. 直感的に操作ができるマルチタッチディスプレイ

タブレットやスマートフォンのような操作性を実現するマルチタッチディスプレイを搭載。装置の操作画面などをズームイン、ズームアウトする時やスワイプ操作による画面切り替えなど、直感的な操作が行えるので非常にスムーズです。

3. タブレットやスマートフォンを活用したリモート監視を簡単に実現

産業用途に特化したタブレット/スマートフォン向け遠隔監視アプリケーション「Pro-face Remote HMI」を提供しています。このアプリケーションを使えば装置の出荷前確認や導入時の立ち上げ、メンテナンス時の装置のデバッグなどを持ち歩けるタブレットを使って行うことが可能です。IOチェックや動作チェックなど、操作パネルと確認場所が離れている装置(大きな装置やコンベヤーなどの長い装置など)を、タブレットで操作しながら、1人で装置の動作を確認することが可能です。

4. あらゆるシーンで活用できる耐環境性能

IP65に対応しているので埃やオイルミストなどがある厳しい状況でも心配なくお使いいただけます。また装置使用後の洗浄に高圧噴流水が使えるので、衛生環境を保つ必要があるシーンでも活用いただけます。

5. プログラムレスで制御機器とつなぐ豊富なドライバー

オープンに各メーカーの制御機器と接続するために豊富なドライバーを提供しています。装置に組み込まれているお使いの制御機器用ドライバーを開発することなくプログラムレスで通信し制御できます。あらゆる制御機器をインターネットにつなぐIoT(Internet of things)の世界を簡単に実現できます。

6. その他の特長

  • 洗練されたグラスフェイスを採用し、反射を抑え視認性を高めた高解像度ディスプレイ
  • 最新のCPUの採用で従来機種に比べ約170%パフォーマンスが向上
  • 装置や工場で必要とする一台が選べるBTO(Build to order)を採用
  • 装置のラインアップのために接続機器を増やせる多彩なオプション、インターフェイスカード
  • 装置のロングライフに貢献するOSの長期安定供給
  • 世界中でサポートが受けられるので海外展開も安心
  • 欧州、北米、アジアの各地域の安全規格を取得

主な仕様

お問い合わせ

本件に関しましてご不明な点がございましたら、デジタルお客様センターまでお問い合わせください。

このページの情報は、2015年8月現在のものです。内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新の情報は製品ページをご覧ください。