BLUE 3.2 SP2またはBLUE 3.3をご使用中のお客様へ重要なお知らせ

掲載日:2022年7月29日

 
 
 

平素より弊社製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

このたび、BLUE 3.2 SP2またはBLUE 3.3をご使用した場合に以下の症状発生が確認されましたのでご報告させていただきます。
お客様には大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

症状の内容

BLUEでプロジェクトファイルを開くと、構造体または配列変数内の外部変数に関連付けられたデバイスアドレスが意図せずに変更される場合があります。

発生条件:
次の条件を全て満たしたとき

  • 構造体または配列変数にデバイスアドレスを割り当てている
  • それぞれの構造体または配列変数の要素に、任意のデバイスアドレスを割り付けている

 

対象製品

対象製品/バージョン BLUE 3.2 SP2、BLUE 3.3
バージョンの確認方法    

「BLUEについて」をクリックし、バージョン情報をご確認ください

対策

BLUE 3.3 Hotfix 1にて恒久対策を実施しております。弊社ダウンロードサイトよりダウンロードのうえ、最新版のBLUEをご利用ください。
画面作成ソフトウェア BLUE

お問い合わせ

本件に関しましてご不明な点がございましたら、以下リンク先までお問い合わせください。

シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンター お問い合わせ先