PS5000シリーズ Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSBでのUWFサポートのお知らせ

掲載日:2019/2/1

平素はPro-face製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
このたびPS5000シリーズ Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSBにおいてUWF(Unified Write Filter)のご利用を可能にするアップデートパッチを準備いたしました。
以下の対策方法をご覧いただき、アップデートパッチを適用してご利用ください。

対象製品

以下の製品のご使用が対象となります。

産業用コンピューター(IPC):
製品シリーズ名 PS5000シリーズ
製品型式 *1 PFXP*2*****A******
PFXP*2*****B******
PFXP*2*****C******
対象OS Windows®10 IoT Enterprise 2016 LTSB(64ビット)
対象バージョン SV 1.0 / 2.0
バージョン確認方法 こちらをご覧ください。

*1 製品型式の左から12桁目「A」「B」「C」がWindows®10 IoT Enterprise 2016 LTSBになります。

対策方法

以下の手順に従ってください。
 
  1. Windows Updateを最適化させるため、事前にPS5000シリーズ本体の電源を投入後、UWFを無効にした状態で約48時間、連続で通電してください。
    その間、PS5000シリーズ本体を使用できますが、できるだけ低負荷状態を維持してください。
  2. 以下のリンクからアップデートバッチファイルをダウンロードし、PS5000シリーズの適当なフォルダに保存してください。
  3. アップデートパッチ実行前に一度OSを再起動(シャットダウンではありません)してください。
  4. アップデートパッチファイルを実行し完了後、再起動してください。
  5. 再起動後、UWFの利用が可能になります。

Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSB UWFに関する対策BATツール *2
 

*2 会員登録(無料)が必要となります。

お問い合わせ

本件に関しましてご不明な点がございましたら、シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンターまでお問い合わせください。

シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンター お問い合わせ先