PS5000シリーズ スリムタイプ PS-5711W / PS-5811WをWindow 10でご利用の方へお知らせ

掲載日:2018/7/12

平素はPro-face製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
このたび、PS5000シリーズ スリムタイプ(PS-5711W / PS-5811W)をWindows®10でご利用の場合、HDMIポートにモニターを接続した状態で起動すると正しく起動しないことが分かりました。
この件につきまして、以下に報告させていただきます。
お客様には大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

症状の内容

HDMIポートに何らかのモニターを接続した状態で本体を起動すると、起動中にブルースクリーンが表示されて起動できなくなります。HDMIポートを未使用時、およびOS起動後にHDMIポートを使用した場合、この問題は起こりません。

対象製品

下記製品のご使用が対象となります。

産業用コンピューター(IPC):
製品シリーズ名 PS5000シリーズ スリムタイプ(PS-5711W / PS-5811W)
製品型式 *1 PFXPS2HN3D8B******
PFXPS2KN3D8B******
対象OS *2 Windows® 10 IoT Enterprise 2016 LTSB(64bit)
対象バージョン SV 1.0
バージョン確認方法 こちらをご覧ください。

*1 型式の12桁目の「B」がWindows® 10の組込みを示しています。

*2 市販のWindow® 10をお客様で組み込まれる場合も対象となります。

対策方法

本件につきましては、Intel®社のDisplayドライバーに内在する問題であることがわかりました。以下のリンクから対応済みのDisplayドライバーに置き替えていただくことで今回の問題は解決できます。

PS5000シリーズ Core i3モデル Displayドライバーダウンロード *3
 

*3 会員登録(無料)が必要となります。

お問い合わせ

本件に関しましてご不明な点がございましたら、シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンターまでお問い合わせください。

シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンター お問い合わせ先