PS5000シリーズをWES7かつライトフィルターを有効でご利用の方へ重要なお知らせ

掲載日:2018/4/9

平素はPro-face製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
このたびPS5000シリーズにおいて、弊社のEWFツール(EWF Manager)を用いてライトフィルターを有効にした日から起算して約180日経過すると、以下の問題が発生することがわかりました。
この件につきまして、以下に報告させていただきます。
お客様には大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

症状の内容

対象製品にて、以下の症状が発生します。

Windows® Embedded Standard 7(WES7)の32/64bit版をご使用、かつ弊社のEWFツールを用いてライトフィルターを有効でご使用の場合、ライトフィルターを有効にした日から起算して約180日後にMicrosoft®社のEWFMagmt.exeとFBWFmgmt.exeのヘルプメニュー(図1)がポップアップにて表示され、同時にWindows®のタスクバーのアイコンが正しく表示されず(図2)操作できなくなる問題が発生します。ヘルプメニューがOS起動時に表示されること、タスクバーからアイコン操作ができないことを除き、他のアプリケーション動作に影響を与えることはありません。

図1)


図2)

対象製品

下記製品のご使用が対象となります。

産業用コンピューター(IPC):
製品シリーズ名 PS5000シリーズ
製品型式 *1 PFXP*2*****3******
PFXP*2*****4******
対象OS Windows® Embedded Standard 7 Service Pack 1 (32/64bit)
対象バージョン SV 1.0 / 2.0 / 3.0
バージョン確認方法 こちらをご覧ください。

*1 型式12桁目の「3」がWES7の32bit、「4」がWES7の64bitを示しています。

対策方法

本件につきましては、Microsoft®社のEWFMagmt.exeとFBWFmgmt.exeのアプリケーション特有の不具合であることがわかりました。以下のリンクから修正ツールをダウンロードして実行することで、この問題の発生を回避できます。また、症状発生後にこのツールを使用することで、問題の症状を回復させることもできます。

Enhanced Write Filter ヘルプ表示に関する対策BATツール *2
 

*2 会員登録(無料)が必要となります。

お問い合わせ

本件に関しましてご不明な点がございましたら、シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンターまでお問い合わせください。

シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンター お問い合わせ先