[通信ドライバー] 三菱電機株式会社 iQ-R/Fイーサネット(SLMP Client)ドライバー

概要

最終更新日:2021/10/22

詳細

ご注意
Windows Vista/7 にてドライバーを追加インストールする際の注意事項
タイトル 三菱電機株式会社 iQ-R/Fイーサネット(SLMP Client)ドライバー
バージョン Ver. 1.14.02
対応ソフトウェア 本ドライバーのインストーラーが対応するソフトウェアのバージョンは以下の通りです。
  • GP-Pro EX Ver. 2.10.000以上
  • Pro-Server EX Ver. 1.30.000以上
    (GP-Pro EX Ver. 2.10.000以上にもインストールできますが、タグインポート機能はGP-Pro EX Ver. 3.01.000以上 [GP4000Mシリーズの場合はGP-Pro EX Ver. 3.10.000以上]、およびPro-Server EX Ver. 1.31以上からサポートします)
※バージョン情報の確認は「ヘルプ」→「バージョン情報」でご確認ください。
サポート機器
  • MELSEC iQ-Rシリーズ(R04CPU、R08CPU、R16CPU、R32CPU、R120CPU、R04ENCPU、R08ENCPU、R16ENCPU、R32ENCPU、R120ENCPU)
  • MELSEC iQ-Fシリーズ(FX5U、FX5UC CPU)
サポート機種 機種によって対応バージョンが異なります。
GP-Pro EXの対応バージョンは、「GP-Pro EX 対応機種/バージョン」をご覧ください。

ドライバーの対応バージョンは以下の通りです。
サポート機種 ドライバー対応バージョン
LT3000シリーズ Ver. 1.10.00以上
GP4100シリーズ(GP4104) Ver. 1.10.00以上
GP4100シリーズ(GP4114) Ver. 1.12.00以上
GP4000Mシリーズ Ver. 1.10.00以上
GP4000シリーズ Ver. 1.10.00以上
LT4000Mシリーズ Ver. 1.10.00以上
SP5000シリーズ Ver. 1.10.00以上
SP5000Xシリーズ Ver. 1.13.00以上
ST6000シリーズ Ver. 1.13.02以上
WinGP対応のIPCシリーズ Ver. 1.10.00以上
WinGP対応の一般PC Ver. 1.10.00以上
マニュアル ご利用の際は必ず、ページ下の機器接続マニュアルをお読みください。
なお、機器接続に関する一般的な説明、マニュアル表記のルールに関しましては、「GP-Pro EX 機器接続マニュアル」をご覧ください。
アップデート内容

[Ver. 1.14.02] (2021/10/22)

以下の機能を追加しました。
  • 交信データコード (バイナリ、ASCII) の設定を追加しました。
  • iQ-F選択時の他局アクセスの設定を許可しました。
 

インストール方法(このファイルは自己解凍ファイルです)

インストールを開始する前に必ず全てのアプリケーションプログラムを終了させてください。
  1. 上記の対応ソフトウェアがインストールされていることを確認し、常駐ソフトを含む全てのアプリケーションを終了させてください。
  2. ページ下のインストーラーファイルをクリックし適当なフォルダにダウンロードしてください。
  3. ダウンロードしたファイルをダブルクリックし起動させてください。
  4. セットアップが始まりますので、指示どおりにインストールを行ってください。
  5. インストール後、GP-Pro EXを起動してください。
  6. 接続機器のメーカー「三菱電機(株)」の「iQ-R/Fイーサネット(SLMP Client)」を選択してください。
ご利用の際は必ずページ下の機器接続マニュアルをお読みください。
なお、機器接続に関する一般的な説明、マニュアル表記のルールに関しましては、「GP-Pro EX 機器接続マニュアル」をご覧ください。

ご利用条件 / 注意事項

以下の事項に同意いただいたうえで、ご利用ください。
ファイルをダウンロードされた時点で、同意いただいたものとさせていただきます。
ダウンロード ご利用条件 / 注意事項

<Internet Explorer 11または10をご利用のお客様へ>
ファイル名をクリックしてもダウンロードできない場合は、右クリック-「対象をファイルに保存」でダウンロード可能です。

ダウンロード

インストーラー :
1.92 MB (2,010,488Byte)
最終更新日: 2021/10/22
機器接続マニュアル :
963.87 KB (987,007Byte)
最終更新日: 2021/10/25

更新履歴

[Ver. 1.14.02] (2021/10/22)

以下の機能を追加しました。
  • 交信データコード (バイナリ、ASCII) の設定を追加しました。
  • iQ-F選択時の他局アクセスの設定を許可しました。
 

[Ver. 1.13.02]

以下の対応を行いました。
  • ネットワークを経由してiQ-Fシリーズと接続するとき、"ユニットアクセスデバイス"にアクセスすると、HMIが再起動する場合がありました。
 

[Ver. 1.13.01]

以下の対応を行いました。
  • ラベルインポート時のフィルタ機能が動作していませんでした。
 

[Ver. 1.13.00] (2016/12/16)

  • CC-Linkの認証を取得しました。
  • iQ-R新CPUシリーズに対応しました。
  • 中継コマンドに対応しました。
  • ドライバー名称の変更(SLMP Client)を追記しました。
    ※パススルー機能を使用するには、パススルー機能 Ver. 1.04.11以上が必要です。
 

[Ver. 1.12.00] (2016/4/8)

以下の機能を追加しました。
  • パススルー機能に対応
    ※パススルー機能は表示器をCPUユニット上のEthernetポートに接続している場合のみ使用できます。
    ※パススルー機能を使用するには、パススルー機能 Ver. 1.04.10以上が必要です。
 

[Ver. 1.11.00] (2015/7/28)

以下の機能を追加しました。
  • ラベルインポート機能(iQ-Rシリーズのみ)
    ※ラベルを使用するには、GP-Pro EXの場合は、Ver. 3.01.000以上 [GP4000Mシリーズの場合はGP-Pro EX Ver. 3.10.000以上]、Pro-Server EXの場合は、Ver. 1.31.000以上が必要です。
 

[Ver. 1.10.00] (2015/5/21)

新規公開