現在地

会社情報 沿革

HMI事業

product_logo_w200.gif
Professional(=専門的な)とInterface(=人と機械の接点)を併せた造語が「Pro-face」。常に厳格な機器操作が求められるFA環境においてこだわる人(プロフェッショナル)に、より使いやすいインターフェイスを提供しプロに愛される現場の顔(フェイス)になりたいという思いからHMIブランド「Pro-face:プロフェイス」が誕生しました。
 
lineup2.jpg

沿革

1972年 ・大阪府八尾市に「デジタル電子株式会社」を設立、電子応用機器の製造、販売を開始
1974年 ・社名を「株式会社デジタル」に変更
1980年 ・大阪府松原市に本社工場開設、本社を松原市に移転
1981年 ・歯科事務専用コンピューターを開発
1983年 ・プログラムレスインテリジェントカラーグラフィックターミナル(DP)を開発
1988年 ・大阪市住之江区に南港事業所を開設
1989年 ・世界初のプログラマブル表示器(GP)誕生
1990年 ・技術サポートダイヤルを開設
・カナダに開発拠点「INDE Electronics, Inc.」を設立
1991年 ・世界初のパネルコンピューター(PL)誕生
1992年 ・本社を大阪市住之江区に移転
1993年 ・業界初の中型機投入 QVGA中型液晶搭載 GP-230シリーズの販売を開始
1995年 ・韓国ソウル市に「Pro-face Korea Co., Ltd.」を設立
・サポートダイヤル休日相談受け付け開始
・業界初の32Bit RISCチップ搭載 表示器GP70シリーズの販売を開始
1996年 ・オランダアムステルダムに「Pro-face Europe B.V.」を設立
・品質管理・保証の国際規格「ISO9001」を取得
・世界初のコントローラ付き表示器(CGP)誕生
1997年 ・日本証券業協会に株式を店頭登録
・業界初Windows対応の画面作成ソフト誕生
1998年 ・大阪・和泉市に和泉事業所開設
1999年 ・マイクロソフト社とWindows CEシステムインテグレータ契約を結ぶ
2000年 ・IT表示器「GP2000シリーズ」の販売を開始 表示器画面をインターネット経由で閲覧できる技術を開発
・WindowsCE搭載パネルコンピューター「PSシリーズ」の販売を開始
2001年 ・表示器付きコントローラ「LT」誕生
・中国 無錫に無錫普洛菲斯電子有限公司「Wuxi Pro-face Electronics Co., Ltd.」を設立
・CRMシステムを導入したサポートを開始
・インターネット修理申し込み&状況確認サービス「Pro-face Service Repair」開設
2002年 ・サポートWebサイト「おたすけPro!開設」
2003年 ・小型市場に参入 小型プログラマブル表示器「ST」誕生
2004年 ・環境マネジメント「ISO14001」取得
2005年 ・マルチメディア対応表示器「GP3000シリーズ」の販売を開始
2006年 ・RoHS指令指定有害物質除去にPro-face商品全機種対応
・HMIソフトウエア「GP-Pro EX」がバージョンアップ 全ての3000シリーズに対応
2007年 ・インドに営業拠点を開設 BRICs展開本格化
・ビルオートメーション向け表示器「BUILMO」の販売を開始
・安全衛生活動の一環として全国にAEDを設置し救急救命講習会を実施
・最速2日で修理品を返却 価格も統一化した「ワンプライスサービス」開始
2008年 ・CSR(社会貢献活動)を本格化 TABLE FOR TWO(給食支援)やエコキャップ活動開始
・19型の大画面パネルコンピューター「PL-3900T」の販売を開始
・GP3000シリーズ6機種が海外船舶規格を取得
・「グリーン東大工学部プロジェクト」に参加 表示器の見える化で大学設備CO2を削減
2009年 ・高輝度プログラマブル表示器「GP-3300U」の販売を開始
・小型高機能プログラマブル表示器「GP4100シリーズ」の販売を開始
2010年 ・食品向けトレーサビリティ対応生産時点情報管理「Pro-POP FI」の販売を開始
・製造現場診断システムパッケージ「DOCTORGP」(ドクタージーピー)の販売を開始
・各種問い合わせサポートを一本化「デジタルお客様センター」を開設
・直射日光下でも最適な低反射、高輝度シリーズに大型の12.1型の販売を開始
・電力のムダを見える化できる「無線型電力監視表示器」の販売を開始
2011年 ・株式会社デジタルとアロー株式会社合併。新会社名は株式会社デジタル
・インドに「デリー グルガオンオフィス」、「プネオフィス」の2拠点を追加
・Pro-face South-East Asia PacificにてPro-face Singapore(シンガポールオフィス)を開設
・高速CPU、最新OSやインターフェイス搭載 産業用ビルトインコンピューター「PS-4000B」の販売を開始
・無線型押しボタンスイッチ「Harmonyシリーズ XB5R/XB4R」の販売を開始
・消費電力最大84%削減(当社従来品比)プログラマブル表示器GP4000シリーズの販売を開始
2012年 ・産業用コンピューター「PS4000シリーズ」の販売を開始
・折りたためる表示灯「XVGシリーズ」の販売を開始
・国内FA業界初USB接続&表示器から設定変更できる「EZシリーズ」の販売を開始
2013年 ・遠隔監視ソフトウェア「Pro-face Remote HMI」の販売を開始
・プログラマブル表示器の世界累計販売台数300万台突破
・FA業界初 モジュラー型表示器付きコントローラ「LT4000Mシリーズ」の販売を開始
2014年 ・高輝度 6色・フラッシュ・回転点灯できる積層式LED表示灯 「XVUシリーズ」の販売を開始
・インドネシアの首都ジャカルタに新オフィスを開設
・新しいインターフェイス端末「SP5000シリーズ」の販売を開始を開始
・従来比約60%小型化 組み込み型産業用コンピューター「PE4000Bシリーズ」の販売を開始
・本社(大阪オフィス)を大阪市北浜に移転
2015年 「Harmonyシリーズ XB5R/XB4R」にモーメンタリースイッチ・多点受信機をラインアップに追加
無線ホイストシステム「Harmonyシリーズ eXLhoist」の販売を開始
「SP5000シリーズ」にワイヤレスLAN内蔵タイプをラインアップに追加
・東京オフィス(東京支社)を東京都港区芝浦に移転
欧米産業向けUPSの販売を開始
産業用コンピューター「PS5000シリーズ」の販売を開始
2016年 RFIDシステム「OsiSense XGシリーズ」の販売を開始
小型高機能プログラマブル表示器「GP4100シリーズ」にカラーモデルを追加
産業用コンピューター「PS5000シリーズ」に新モデルラインアップを追加
電力計「PM3250」の販売を開始
スイッチングハブ「ConneXiumシリーズ」の販売を開始
ハンディータイプ表示器「GP4000Hシリーズ」の販売を開始
積層式LED表示灯「XVUシリーズ」にパルス制御ユニットを含む11品のラインアップを追加

シグナリング事業

シグナリング製品のブランドとして長年ご愛顧いただいておりましたArrowブランドを、親会社の製品ブランドであるSchneider Electricへと統合し、シグナリング事業のさらなる発展を目指し邁進してまいります。
 

沿革

1923年 ・朝日電工所創業。AEW扇風機の製造開始。
1928年 ・社名を朝日電機製作所に改称。
・16mm・8mm映写機並びに国産初の撮影機を製造販売、欧米各国に輸出する。
1930年 ・映写機に国内で初めてメタリック塗装を採用。
1932年 ・教育映画の功により文部大臣賞を受賞。
1935年 ・8mm映写機を曲写式から直写式に変え、明るさ9:1(専売特許)の開発に成功。
1945年 ・小型モーターサイレンを開発、製造販売。諸官庁・警視庁などへ納入。(国産初、小型単相モーターサイレンの開発)
1953年 ・朝日ミキサーを開発し、販売開始。
1955年 ・法人に改組。称号を株式会社朝日電機製作所とする。
1959年 ・社名をアロー株式会社に改称。商標をアローと定める。
1961年 ・モーターサイレン・回転灯部門を分離し、アサヒ電機株式会社設立。
1962年 ・第14回全国消防研究発表会に於いて国内初の電子サイレンを発表。
・技術性能の優秀性を認められ激励賞を受ける。
・アロー株式会社より電子部門を分離、アロートライレンワークスを設立。
・緊急自動車用電子サイレンを「アロートライレン」の商標で製造販売開始。
1963年 ・トライレン製造販売の上伸に伴い、商号を「アロー電子工業株式会社」とする。
1965年 ・警報および信号用として、産業用電子サイレンを開発。大手製鉄所、造船各社などに製造販売を開始する。
1970年 ・東京消防庁より救急自動車用警報音の電子サイレンへの変更、開発依頼を受ける。数十種類のサンプル音より現在のピーポーサイレンの音色が自治省消防本庁の指定音となる。全国的に統一されるに伴い、製造販売を開始する。
1971年 ・回転警告灯を、業界に先駆けてオール樹脂化を図り、錆びない、耐久性に優れた商品として 「アローライト」の商標で、大型回転灯(AL型シリーズ)の製造販売を開始する。
1982年 ・産業界の、軽薄短小のニーズを受け、コンパクト設計の電子音警報器ST-15C・ST-24シリーズを発表。 製造販売を開始する。
1983年 ・業界に先駆け、音声合成報知器「アローボイス」の製造販売を開始する。
1985年 ・世界初の音声合成内蔵型回転灯、および警報音・メロディー内蔵型回転灯「コスモライト」シリーズを発表し、多大な反響を得る。同年に製造販売を開始する。
1987年 ・小型積層式表示灯を、アロータワーライトシリーズの第1弾として、弊社独自の反射鏡利用の高輝度タイプを「アローサインタワー」の商標で製造販売開始。
1988年 ・ホーンスピーカー一体型回転灯「ビッグホーン」を開発し販売開始。
・「ビッグホーン」グッドデザイン選定商品に選定。
1989年 ・将来、電球式に代わる商品として、業界に先駆けて振動耐久性に優れた、LEDを光源に使用した表示灯(スーパーLEDタワー LT型シリーズ)の製造販売を開始する。
・「シグナルポール」グッドデザイン選定商品に選定。
1995年 ・小型回転灯「フリーアングル」を開発し販売開始。
1996年 ・「フリーアングル」グッドデザイン選定商品に選定。
1998年 ・「ビッグホーン」グッドデザイン賞受賞。
1999年 ・積層式信号灯「スマー灯」を開発し販売開始。
・積層式信号灯「スマー灯M」を開発し販売開始。
・「ビッグホーン」グッドデザイン ロングライフ賞受賞。
・「とくとくタワー」シリーズに、業界初のニューモデルL型、壁面取り付け専用機種の製造販売を開始する。
・LED式の1灯多色表示灯 「レインボーライト」シリーズを発表。好評につき、2000年5月に製造販売を開始する。
2000年 ・国際標準品質規格ISO9001を認証取得する。
・業界最小のコンパクトボディ圧電ブザーの小型盤用電子音警報器 アロートライレン ST-113N/113NP 販売開始。
・「シグナルポール」グッドデザイン ロングライフ賞受賞。
・「スマー灯M」グッドデザイン選定商品に選定。
2001年 ・業界初!43音色+α内蔵の多音色電子音警報器アロートライレン マルチサウンド ST-25AM 販売開始。
・国際環境規格ISO14001を認証取得する。
2002年 ・安価型NEWラインナップでシリーズ全機種プライスダウン。
・超高輝度LED使用の表示灯 新型アロースーパーLEDライト シリーズ販売開始。
2003年 ・アロー電子工業株式会社、アサヒ電機株式会社 産業機器部門、アサヒサイレン株式会社を事業統合し、産業機器部門の製造、販売を一本化した新生アロー電子工業株式会社がスタート。
・DIN72サイズの本体にメロディー・アラームを16音色を内蔵した、多音色電子音警報器 アローメロディーバスケット「マルチサウンド十六彩(じゅうろくさい)ST-18AM 販売開始。
2004年 ・セラミックスピーカーが取り付け面を振動させて警報音を吹鳴する、「ノンスピーカ警報器 裏音(うらおと)」ST-41F 販売開始。
2005年 ・世界初!電球より明るいLED回転灯「光輝明(ひかり)」を開発し、販売開始。
2006年 ・超高輝度パワーLED回転灯「光輝明(ひかり)」シリーズに上下方向からの、視認性を上げるスポットレンズを開発し、全機種リニューアル。
・1台で7色表示可能なマルチカラー表示灯「蓮輝(パステル)」を開発し販売開始。
・超高輝度パワーLED回転灯「光輝明(ひかり)」シリーズに車載用の大型回転灯「モンスターZ」を開発し、販売開始。
2007年 ・DIN72サイズ、極薄型の音声合成警報器「美音(ビート)」SV-116Pを開発し、販売開始。
・電球より明るいLED積層式回転灯「U-TOWER光輝明」を開発し、販売開始。
・アロー電子工業の社名をアロー株式会社に改称。
・シュナイダーエレクトリック株式会社との事業提携を目的に、基本合意を締結。
2008年 ・シュナイダーエレクトリック株式会社との資本提携により、完全子会社となる。
・超高輝度パワーLED回転灯「光輝明(ひかり)」シリーズに、業界初のブラシレスモータータイプ「モンスターZero」を開発し、販売開始。
2011年 ・シュナイダーエレクトリックグループの株式会社デジタルと合併。社名を株式会社デジタルに改称。