現在地

エッジコンピューティング

プログラマブル表示器

IoTトータルソリューション
エッジコンピューティング

データ量の増加に伴うサーバー通信負荷・遅延が発生し、工場全体のデータ取得が進まない…

Pro-faceの産業用コンピューター、
BLUE Open Studioをご提案

現場にエッジPCとしてPS6000を設置。エッジコンピューティング対応のBLUE Open Studioを利用してリアルタイム・分散処理でトラフィックの最適化と安定化、通信コストの削減を実現します。通信負荷・遅延を気にすることなく工場全体の稼働データや品質データ、保全データを取得できます。

現場には古い装置や輸入装置があり、どうつないでいいかわからない…

Pro-faceのIoTゲートウェイをご提案

800種類以上の多彩な機器とプログラムレスで接続できます。またOPU UA通信プロトコルとつなぎ、上位データを渡すこともできます。

関連事例

エッジで一極集中の限界を打破

階層機能によるエッジコンピューティング対応で、データ収集方法を見直し。

二度加工や工程飛びによる不良品の発生を防止

IoTゲートウェイで様々なPLCメーカーとプログラムレスで通信可能!

製品カタログ

BLUE Open Studio

エッジ領域に最適な小中規模向けSCADAソフトウェア

ST6000シリーズ

豊富な表現力で現場のデータはもっと扱いやすくなる


お問い合わせ

本件に関するお問い合わせはシュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンターまでお気軽にご相談ください。

シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンター