現在地

エッジで一極集中の限界を打破|PS6000シリーズ導入事例

性能向上
産業用コンピューター(IPC)SCADA

課題・やりたいこと

取得データ量の増加に伴うデータを格納するコスト、レイテンシ問題を気にすることなく工場全体の稼働データ、品質データ、保全データを取得したい。

現状のお悩み

  • 最新の電気機器にはIoT機能が標準搭載されているのでサーバーと接続ができる。必然的にデータ量が増加する。
  • 工場のICT化をはじめた当初は最新サーバーを導入して十分に機能していた。しかし、現場要望を受けるにつれて、だんだんと取得するデータ量が膨大に。。。

ご提案

階層機能によるエッジコンピューティング対応で、データ収集方法を見直し。第一階層のエッジデバイスにPS6000+BLUE Open Studioを追加することで、第二階層(サーバー)の負荷を軽減しつつ、必要なデータだけを集約できます。

 
 
 
この続きは、以下のPDFをダウンロードしてご確認ください。

関連製品

製造現場のDXを加速させる産業用コンピューター

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせはシュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンターまでお気軽にご相談ください。

シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンター