二度加工や工程飛びによる不良品の発生を防止|IoTゲートウェイ 導入事例

LT4000Mシリーズコスト削減省配線/省スペース化改善事例

課題・やりたいこと

多品種少量生産に伴い生産工程が複雑化。誤ったワークが運ばれて二度加工や工程飛びが発生するのを未然に防ぐために、装置間でQRコード情報を連携させ、工程順に通過しているかの良否判定を行いたい。

現状のお悩み

  • 各工程のQRコード情報を新しく統括PLCを追加して集約したいのですが、各装置の通信方式がバラバラ。。。
  • 不良品発生を通知するためのランプやブザーの増設が大変。。。

ご提案

IoTゲートウェイで様々なPLCメーカーとプログラムレスで通信可能!
各装置のQRコード情報は、 IoTゲートウェイを介して統括PLCへ集約。装置間を連携した総合的な良否判定を実現できます。


 


 

この続きは、以下のPDFをダウンロードしてご確認ください。