無線バッテリーレスリミットスイッチを発売

掲載日:2017/1/23

本文

株式会社デジタル(代表取締役:ジャンフランソワ・マソー)は、無線スイッチの送信機ラインアップに9種類のリミットスイッチを追加し、2017年1月23日より販売を開始します。

様々なモノの無線化が主流となる時代の中、製造業でも無線システムの採用が進んでいます。無線スイッチは海外メーカーでの取り扱いが多く、各国の厳しい電波法をクリアしたものだけが、その国での使用を認められます。特にリミットスイッチは日本国内で使用認定されているものはかなり限られており、このたびの発売は国内の製造現場に大きな進化をもたらします。

弊社では2011年から無線スイッチの取り扱いを始め、送信機はバッテリーや電源を必要としない独自機能に高評価を得てきました。押ボタンスイッチは現場の呼び出し方法の改善、ロープスイッチはシャッターの開閉動作などの用途でご採用いただいております。このたび新たに加わるリミットスイッチは、物体の位置を検出する検出用スイッチとして、無線スイッチの用途をさらに拡大します。例えば、組み立てや加工ラインでワークの位置を検出し、ラインを正常に稼動させる制御を実現します。 有線と比較して、無線タイプは配線工数を大幅に削減でき、現場のレイアウト変更なしで、スイッチ機能を追加することができます。導入後は足元のケーブルによる悩みを解消し、作業の効率化を図れます。

豊富なラインアップを取り揃えた無線スイッチは、分野を問わず製造業の様々なシーンにおいて、人と機械のインターフェイス向上に貢献します。

 

Pro-face by Schneider Electricは、「for the best interface」のコーポレートスローガンに基づき、様々な生産現場での産業機械に接続できるベストなインターフェイスとなる製品の開発を目指しております。

 

無線リミットスイッチ 特長

  1. ZigBee Low Power 2.4GHzを採用
  2. 送信機は圧電式を採用し、電源や電池が不要
  3. 国際規格認証: IEC-60947-5、2004/108/EC、EAC、FCC、CE
  4. 現場にあわせて選べる9種類のアクチュエーター形状
  5. 導入に便利な受信機と送信機のパッケージセットをご用意

お問い合わせ

本件に関しましてご不明な点がございましたら、デジタルお客様センターまでお問い合わせください。

→ デジタルお客様センター お問い合わせ先



 

このページの情報は、2017年1月現在のものです。内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。なお最新情報については製品ページをご覧ください。