現在地

【SP5000】遠隔地からラダープログラムの書き込みも可能!装置納入後の出張サポートを半減できるMMLink-3G遠隔メンテナンス!

設計工数削減コスト削減
プログラマブル表示器
装置納入先からエラー発生の連絡、現場に行かないと状況確認ができないため急いで納入先へ出張。 行ってみたら簡単なラダープログラムのバグだった、といった経験はありませんか? SP5000とMMLink-3Gを活用すると、ラダープログラムのモニタリングだけでなく修正したラダープログラムの書き込みが遠隔地から可能! トラブル対応による出張を削減できます。

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせはシュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンターまでお気軽にご相談ください。

シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンター