セキュアなIoTゲートウェイ|STM6000シリーズ(BLUE対応モデル) 解決提案

改善事例IoTゲートウェイ(マルチ・データボックス)STM6000シリーズサイバーセキュリティーIoT関連機器改善事例

課題・やりたいこと

製造業を狙ったサイバー攻撃が増えているので、現場IoTシステムのサイバーセキュリティーに取り組みたい

現状のお悩み

  • 生産設備をIoT化するにあたり、社内ネットワークと接続する必要があるが、セキュリティー面が不安。
  • エッジPCにWindows系OSが導入されていると、ウィルス感染が心配。
  • サイバーセキュリティーの観点から、通信部分の暗号化が必要。

 

ご提案

IoTゲートウェイSTM6000シリーズの導入で、生産設備と上位IoTシステムを安全に接続できます。

  • Ethernetを2ポート搭載しており、IT側とOT側のセグメント分けが可能。
  • インダストリー4.0の推奨通信規格であるOPC UAに対応しており、セキュリティー対策も安心。(OPC UAは通信メッセージを暗号化)
  • 専用OS(Windows非搭載)なので、ウィルス感染のリスクを低減。


 

この続きは、以下のPDFをダウンロードしてご覧ください!