DX化の課題を解消!ネットワーク見える化でダウンタイム短縮|Modicon スイッチ導入事例

改善事例稼働率向上品質向上サイバーセキュリティー周辺機器改善事例

課題・やりたいこと

ネットワーク機器に障害発生した際に、原因の追究が困難。ネットワークの「見える化」を 行うことでダウンタイムを短縮したい。

現状のお悩み

ネットワーク機器の物理故障や想定外の通信負荷でネットワークが停止すると…

  • 故障箇所の特定が遅れ、復旧時間の増大
  • 接続しているネットワーク全体にエラーが発生するため、生産への影響大
  • 原因が見えないため、外部攻撃等によるセキュリティーリスクの懸念も発生  

ご提案

産業用Ethernetスイッチ「Modiconスイッチ」は、パケット通信量やポート状態等をステータスとして持っており、 エラー時の通知も可能なため、ネットワークの「見える化」ができます。


 


 

この続きは、以下のPDFをダウンロードしてご覧ください!