設備を見える化して稼働率UP!|PS6000 + BLUE Open Studio 導入事例

改善事例PS6000シリーズBLUE Open Studio稼働率向上品質向上産業用PC・コンピューター(IPC) ・FAパソコンリモートメンテナンス・遠隔監視改善事例

課題・やりたいこと

IoTを導入することで、生産状況だけでなく設備の稼働率も見える化して、生産能力を強化したい。

現状のお悩み

  • 表示灯の変化でしか稼働状況がわからないため、停止要因がわからず改善できない。  
  • 設備異常や製品不良の発生は手書きの記録しかないため、傾向分析できない。
  • システムごとに外注するためブラックボックス化している。自分たちで追加・変更
    できないので都度費用が発生する。

ご提案

設備データ(設備異常の回数・時間など)をAVEVA™ Historianに蓄積。
取得したデータを使用し、BLUE Open Studioで稼働状況を監視したり、設備ごとの異常の回数・ 時間などや稼働率を比較・分析し、生産能力の低下要因を特定し、改善を図ることが可能です。


 


 

この続きは、以下のPDFをダウンロードしてご覧ください!