稼動管理をラクラク導入|BLUE Open Studio、AVEVA Historian導入事例

改善事例BLUE Open StudioAVEVA Historian稼働率向上データ収集・BISCADAソフトウェア改善事例

課題・やりたいこと

設備の稼動状況を把握して、停止要因を特定したい。停止要因を改善することで、設備全体の生産性を向上したい 。

現状のお悩み

  • 設備の状態は表示灯で確認できるが、近くに人がいないとエラーに気付かないため、復旧が遅れてしまう。
  • 日々の生産状況や設備の稼動状況、停止要因などは手書き後にPCに入力するため手間がかかる。またチョコ停などの記入漏れがあり、時間の精度も悪く分析材料にならない。

ご提案

BLUE Open StudioとAVEVATM Historianで解決!

  • BLUE Open Studioで日々の生産状況や設備の稼働状況を収集し、リアルタイムに見える化。離れた場所(詰所など)やタブレット/スマホでも確認できるため、復旧を早めることができます。
  • 設備アラームに加え、チョコ停要因の見える化で本質的な停止要因を特定できます。
  • 手書きやPC入力の手間を削減できます。
  • AVEVA Historianとの連携が容易で、過去データと比較した分析ができます。

 
 
 
この続きは、以下のPDFをダウンロードしてご覧ください!