作業時間のバラツキを顕在化!作業効率の見える化で生産性を向上|AVEVA Edge 導入事例

改善事例性能向上品質向上データ収集・BI改善事例

課題・やりたいこと

作業者による作業時間のバラツきがあり、生産予定数と実績に差が発生している。
生産性を向上させるために各作業者の作業時間を収集できる仕組みを導入して、
作業者ごと、品番ごとにグラフ化することで改善ポイントを見つけたい

現状のお悩み

  • 作業者によって作業時間がバラバラで生産性が安定していない。
  • 標準作業時間を元に日々の生産予定数を決めているが予定と実績に差が発生している。
  • そもそも時間がかかっている時の作業者の動きを把握していないので、どこに改善点があるかわからない。

ご提案

各作業台にタッチパネル表示器とバーコードリーダーを後付け。作業者が作業開始時と終了時に指示書をバーコードリーダーで読み取ることで作業時間を計測する仕組みを導入。


 

この続きは、以下のPDFをダウンロードしてご覧ください!