難しいプログラミング知識は不要! 工場内に点在するデータを結合し “使える”情報へ変換|AVEVA BI Gateway 導入事例

改善事例AVEVA BI Gateway性能向上品質向上コスト削減データ収集・BI改善事例

課題・やりたいこと

工場内の複数のシステムにまたがって点在するデータを統合し、精度の高い分析を行い稼働率を向上させたい!

現状のお悩み

日々、稼働率向上のためのデータ分析を行っているが・・・

  • 設備導入時の仕組みをそのまま運用しているため、そこから得られるデータだけでは分析が不十分。
  • 現状の仕組みにデータを追加したり紐づけをしたりするにはPLCやPCのプログラムを修正する必要があり、難易度が高く自部門だけで対応できない。
  • せっかく日々データを収集しているが、そのデータが肝心の分析に活用できていない。

ご提案

AVEVA BI Gatewayを導入すれば、プログラムレスで複数のシステムにまたがって存在するデータをBI Gatewayサー バーに集約可能。データ同士の関連付けを行い、演算、集計、多重処理により実用的なデータを生成できます。その生 成したデータをクロス集計することで、精度の高い分析を可能にします。
生成したデータはBIツールのTableauでビジュアル分析できるので新たな知見を得ることができます。

 
 
この続きは、以下のPDFをダウンロードしてご覧ください!
資料をダウンロードいただくには、Web会員登録が必要です。登録がお済みでない方は、新規Web会員登録をお願いいたします。
 
Web会員特典
  • 各種資料ダウンロード
  • 輸出に関する資料PDF(EAR/該非判定書)ダウンロード
  • 最新ソフトウェアアップデート、各種ドライバーのダウンロード
  • 修理依頼