チャンピオンデータとのリアルタイム比較で品質向上を実現|AVEVA Plant SCADA 導入事例

改善事例PS6000シリーズ性能向上品質向上データ収集・BISCADAソフトウェア改善事例

課題・やりたいこと

【食品工場】生産時に環境(温度・湿度等)やオペレーターの熟練度が要因による 品質のばらつきをなくし、品質の向上、廃棄ロスの削減を実現したい。

現状のお悩み

  • 同じレシピデータを使用しても、環境要因により同じ品質の製品が生産できないため困っている。  
  • 一定の品質のものを生産しようとすると頻繁に温度/湿度管理が必要となり、オペレーターの熟練度に左右される。
  • 品質チェックでNGが出た場合、廃棄となり大きな損失となっている。

ご提案

AVEVA Plant SCADAのProcess Analyst機能を使用して、製造中の理想データ(チャンピオンデー タ)とリアルタイムデータを視覚的に比較することで、傾向を正しく把握。状況に合わせて温度/湿度の調整ができるため、オペレーターの熟練度に依存されず、製品の品質を均一にすることができます。


 


 

この続きは、以下のPDFをダウンロードしてご覧ください!