現在地

小型表示器の表示領域を広げて、入力ミスを削減!|GP4100採用事例

稼働率向上性能向上品質向上コスト削減
プログラマブル表示器
自社で製造した薬品の品質検査を装置で行います。検査データは小型表示器上に入力用キーボードを表示して1製品ずつ入力していきます。

【お悩みポイント】
・入力用キーボードが画面いっぱいに表示して、入力箇所が隠れて見えなくなり、入力ミスが多発
小型表示器の表示領域を広げて、入力ミスを削減!

入力用キーボードをカスタマイズして、入力ミスを削減!

Pro-faceの小型表示器なら、入力用キーボードをカスタマイズ可能!50音のあ~わ行までを1つのキーずつ登録すれば、キー数が10個でOK!大きなキーで打ちやすくなり、表示領域が広くなるので入力ミスも防止できます!以下のPDFで、詳細をご覧ください!

関連キーワード:GP4100シリーズ、専用機、表示器、プログラマブル表示器、タッチパネル、GP-4114T、GP-4115T、GP-4115T3、GP-4116T、PFXGP4114T2D、PFXGP4115T2D、PFXGP4115T3D、PFXGP4116T2D

関連製品

gp4000_series_top.png
Pro-faceのスタンダード表示器

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせはシュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンターまでお気軽にご相談ください。

シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンター