現在地

前工程のヒューマンエラーに気付き、無駄な廃棄ロスを撲滅!|SP5000採用事例

稼働率向上性能向上品質向上
プログラマブル表示器
製造工程で加工と検査を繰り返し行っているにも関わらず、最終検査で不良品となるケースが多く、廃棄ロスが減りません、、、。

検査シートの書き間違いに気付かぬまま工程が進み、最終検査で不良判定に、、、

【お悩みポイント】
・加工が終わったワークの検査結果を検査シートに書き写す際、書き間違えるケースが増えている
・書き間違いに気付かぬまま後工程が進んでしまうため、最終検査で不良判定となり廃棄処分している

前工程のヒューマンエラーに気付き、無駄な廃棄ロスを撲滅!

検査シートへの書き込みを自動化!前工程のヒューマンエラーに気付き、品質向上を実現!

Excelを使用したヒューマンエラー回避システムを構築!前工程のヒューマンエラーに気付き、品質向上を実現できます!以下のPDFで、詳細をご覧ください!

関連キーワード:SP5000、SP-5000デジタル、Pro-face、専用機、表示器、プログラマブル表示器、タッチパネル、SP-5700TP、SP-5660TP、SP-5600TP、SP-5500TP、SP-5600WA、SP-5500WA、SP-5400WA、PFXSP5700TPD、PFXSP5660TPD、PFXSP5600TPD、PFXSP5500TPD、PFXSP5600WAD、PFXSP5500WAD、PFXSP5400WAD、SP-5B40、SP-5B10、PFXSP5B40、PFXSP5B10、SP5700、SP5660、SP5600、SP5500、SP5600、SP5500WA、SP5400WA、Pro-Sever EX、PFXEXSDVV、PFXSP5B41、SP-5B41、PFXZCDADEXP1

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせはシュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンターまでお気軽にご相談ください。

シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンター