現在地

現場の状況を見える化して急な指示にも柔軟対応|SP5000シリーズ採用事例

設計工数削減稼働率向上省配線/省スペース化
プログラマブル表示器
顧客志向が高まる中、さまざまな要望に応えるため、急な変更を含む生産指示が増加。現場の進捗状況を把握せず、急な指示変更を続けているので、現場が混乱し生産効率が低下している、、、。

現場の状況をリアルタイムに見える化し、急な指示変更にも柔軟に対応!

SP5000シリーズなら、Windowsファイルを直接起動できるので、現場の進捗状況を確認しながら、タイミングよくリアルタイムに変更指示が出せます。以下のPDFで、事例詳細をご覧ください!

関連キーワード:コスト削減 設計工数削減 稼働率向上 SP5000

関連製品(ソフトウェア)

データマネジメントソフトウェア Pro-Server EX
現場の状況が、いつでもどこでも見える

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせはシュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンターまでお気軽にご相談ください。

シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンター