マルチ・データボックス導入事例 ~表示器がない装置を画面で確認。メンテナンスや現地調整をラクに!~

IoTゲートウェイ(マルチ・データボックス)稼働率向上IoT関連機器改善事例
表示器のない小型装置は状態がわかりづらく、メンテナンスや現地調整に時間がかかる。装置が複数台あると、人もたくさん必要だから人件費が高くつく、、、。マルチ・データボックスを採用すれば、お悩みを解決できます!
・表示器がない小型装置は状態把握がしづらく、作業に時間がかかる。
・装置が複数台あるラインでは、複数人で状態を確認するため、人件費が高くなる
マルチ・データボックスだからこそできる改善テクニックをご紹介します。