マルチ・データボックス導入事例 ~様々な情報を取り込んで予知保全~

IoTゲートウェイ(マルチ・データボックス)稼働率向上コスト削減IoT関連機器改善事例
予知保全のためには、温度・位置・重量・形といった情報が必要。既存装置にセンサーやインテリジェント機器を追加してデータを取り込みたいけど、改造するのが大変、、、。マルチ・データボックスを採用すれば、お悩みを解決できます!
・PLCのラダープログラムを変更しないといけない。
・PLCのメモリーに余裕がない。
マルチ・データボックスだからこそできる改善テクニックをご紹介します。