アドソル日進とシュナイダーエレクトリック、SIパートナー契約を締結

掲載日:2021/8/18

本文

  • シュナイダーエレクトリックがグローバル展開しているSIパートナー契約をアドソル日進と締結
  • 両社の強みを活かしたソリューションにより、シュナイダーエレクトリックのIoTプラットフォーム EcoStruxureTM の、日本市場での展開を加速
  • ソリューション提案により初年度20件、5年後100件のソリューション案件受注を目標
 

アドソル日進株式会社(以下、アドソル日進)とシュナイダーエレクトリック(以下、シュナイダー)は、製造業界向けDX、IoT提案を加速するため、SIパートナー契約を締結したことを発表しました。この契約はシュナイダーが全世界で展開しているSIパートナープログラムによるもので、同社にとって本格的な日本のシステムインテグレータ企業との初めての契約締結となります。

 

シュナイダーのSIパートナープログラムについて

シュナイダーのSIパートナープログラムは、高い技術レベルを有するシステムインテグレータ企業とのコラボレーションを促進するプログラムで、技術トレーニング・評価機材の提供を行い共同での営業・提案活動を推進するものです。この度の締結では、エネルギー関連や製造業向けのICTシステム開発で豊富な実績を有するアドソル日進とのコラボレーションによって、シュナイダーが提供するIoTプラットフォーム「EcoStruxure」やPro-faceブランド、AVEVAソリューション等を組み合わせ、より柔軟に提案できる体制づくりを行います。

 

市場背景とパートナー契約締結の狙い

昨今製造業のDX、IoT化の必要性は今までになく高まっていますが、新旧設備の有効活用やデータ活用、AI診断による予知保全など、現場が抱える課題は様々であり、スモールスタート可能なソリューションや、より柔軟でカスタマイズ可能な提案が求められています。

アドソル日進は、AIやクラウド、IoTなどの最新技術を用いたICTシステムをIT/OT両面からワンストップで提供し、製造業での実績も数多く有しています。 一方シュナイダーは、IoTプラットフォーム「EcoStruxure」を中心に、製造IoTエッジソリューションとしてプログラマブル表示器Pro-faceブランドの販売を国内外で30年以上続けてきた実績を持ち、数多くのお客様に対して継続的なIoTソリューション提案を行ってきました。

両社協業での提案により、PoCレベルのスモールスタート案件から、既存システムの改造、大型システム受注まで、あらゆる規模のシステムに最適なDX、IoT提案を行うことを目指し、この度のパートナーシップ締結に至りました。

両社は協業関係を2018年より開始しており今まで数十システムのソリューション提案を行ってきました。今後の協業で、初年度20件・5年後には100件のソリューション受注を目指します。

アドソル日進株式会社 コーポレートロゴ

アドソル日進株式会社 コーポレートロゴ
 

お問い合わせ

本件に関しましてご不明な点がございましたら、シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンターまでお問い合わせください。



 

このページの情報は、2021年8月現在のものです。内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

 

シュナイダーエレクトリックについて

シュナイダーエレクトリック(Schneider Electric)は、あらゆる人がエネルギーや資源を最大限活用することを可能にし、世界の進歩と持続可能性を同時に実現することを目指しています。私たちはこれを「Life Is On」と表現しています。
私たちの使命は、持続可能性と効率性を実現するためのデジタルパートナーになることです。
世界をリードするプロセス技術やエネルギー技術と、エンドポイントとクラウドをつなぐ製品、制御機器、ソフトウェアやサービスとを、ライフサイクル全体を通して統合し、その統合された管理を住宅、ビル、データセンター、インフラストラクチャ、各種産業に展開することでデジタルトランスフォーメーションを推進します。

私たちは、最もローカルなグローバル企業です。
社会にとって意義深い目的を持ち、多様な意見を取り入れ自ら行動するという価値観を持って、オープンスタンダードとパートナーシップエコシステムの拡大に尽力します。

www.se.com/jp