シュナイダーエレクトリック、スマートファクトリー実装を加速する 検証ラボを開設

掲載日:2018/6/25

本文

  • 6 ターゲットセグメントに向けた製品導⼊⽀援体制を強化
  • 事前検証により製品選定・導⼊にかかるコストと時間を⼤幅に削減
 

エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、スマートファクトリーを実現するため本年から提供を開始した「マシンソリューション」の導入を加速する「マシンソリューション・ラボ」を7月2日東京に、7月27日大阪に開設します。

シュナイダーエレクトリックは、日本国内においてファクトリーオートメーション事業をより強化するため、2017 年に専門の組織となるインダストリー事業部を新設しました。従来のプログラマブル表示器(HMI:ヒューマンマシンインターフェイス)やシグナリング機器といった製品ポートフォリオに、新たにPLC やインバーターなどを拡充しました。また、2018 年より、「包装機」、「ホイスト」、「空調機」、「搬送機」、「ポンプ」、「加工機」という6 つのターゲットセグメントに対して、専門知識・経験を持つエンジニアが最適なマシンの構築をサポートする「マシンソリューション」の提供を開始しています。


インバーター・セントリックTVDAイメージ図

シュナイダーエレクトリックのマシンソリューションは、「TVDA*」とよばれる装置構成のひな型を用意しているのが特⻑です。
*TVDA:Tested Validated Documented Architecture、動作検証済み、評価済み、文書化済みのアーキテクチャー
今回開設した「マシンソリューション・ラボ」では

  • インバーター・セントリックTVDA (ホイスト、ポンプ、空調機向け)
  • PLC・セントリックTVDA (搬送機、加⼯機向け
  • モーション・セントリック TVDA (包装機向け)

の 3 構成のTVDA とソリューションに必要となるハードウェアおよびソフトウェアを準備し、導入前の動作確認・検証を行います。これにより、お客様の仕様に最適な装置構成が容易に構築出来るようになるため、装置開発のコスト削減と納期短縮が実現できます。

今後、シュナイダーエレクトリックでは「マシンソリューション・ラボ」により、年間 100 システム以上のマシンソリューションの導入を目指していきます。

 

 

お問い合わせ

本件に関しましてご不明な点がございましたら、シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンターまでお問い合わせください。



 

このページの情報は、2018年6月現在のものです。内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

 

シュナイダーエレクトリックについて

シュナイダーエレクトリック(Schneider Electric)は、全ての人がエネルギーとデジタルにアクセスできる環境を提供したいと考えています。
エネルギーや資源を最大限活用することにより、いつでも、どこでも、だれにでも「Life Is On」を実現します。
世界をリードするエネルギー技術、リアルタイムオートメーション、ソフトウェアとサービスを「ビル、データセンター、電力インフラ、工場」向けに統合し、効率化と持続性を可能にするエネルギーとオートメーションのデジタルソリューションを提供しています。

私たちは、意義深い目標と包括的で実行力を伴う価値観をもって、オープン、グローバル、そして革新的なコミュニティの発展に尽力します。

www.se.com/jp