シュナイダーエレクトリック、「シュナイダーARアドバイザー」の販売パートナー契約を拡充し販売体制を強化

掲載日:2018/5/18

本文

  • 10社とのパートナー契約締結により、販売網を拡充
  • 開発用ソフトウェアの提供開始により、パートナー企業は自社製品への組み込みが可能
 

エネルギーマネジメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーションのリーダーであるシュナイダーエレクトリックは、昨年8月に国内提供を発表した、拡張現実(AR)技術により生産現場での保守作業を効率化し、人的ミスを削減するソリューション「EcoStruxure™ Augmented Operator Advisor」(エコストラクチャー オーグメンテッド オペレーター アドバイザー)(以下略称、シュナイダーARアドバイザー)の販売体制を強化しました。

今回、シュナイダーARアドバイザーの販売パートナーとして、10社とパートナー契約を締結するとともに、販売パートナー専用の開発用ソフトウェア「シュナイダーARビルダー」の提供を開始します。


ARアドバイザーによる制御盤透過

シュナイダーARアドバイザーは、AR技術の活用により、現場で様々なデータへの迅速なアクセスを可能にすることで作業効率を向上させるとともに、経験や勘に頼らないメンテナンスができるため、オペレーターの安全性向上にも役立つソリューションです。昨今の働き方改革やそれに伴う生産性の向上を支えるソリューションのひとつとして、AR技術の活用が注目されるなか、シュナイダーARアドバイザーをより多くのお客さまへご提供するために今回10社との販売パートナー契約を締結しました。

今回販売パートナー契約を締結した10社は関東、中部、北陸、関西、中国・四国の地域にそれぞれ強みを持っているため、幅広いエリアに対してシュナイダーARアドバイザーの提供が可能となります。販売パートナーとなった各社には、AR専用の開発用ソフトウェア「シュナイダーARビルダー」が提供され、自社のサービスや製品へシュナイダーARアドバイザーの組み込みができるようになります。

シュナイダーエレクトリックは積極的に販売パートナーの拡充を行っており、今後もさまざまな生産現場に強みを持つパートナーとも契約をする予定です。シュナイダーエレクトリックでは、販売パートナーと協力しながら、年間50システム以上の導入を目指していきます。

販売パートナー企業(50音順)

お問い合わせ

本件に関しましてご不明な点がございましたら、シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンターまでお問い合わせください。



 

このページの情報は、2018年5月現在のものです。内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

 

シュナイダーエレクトリックについて

シュナイダーエレクトリック(Schneider Electric)は、全ての人がエネルギーとデジタルにアクセスできる環境を提供したいと考えています。
エネルギーや資源を最大限活用することにより、いつでも、どこでも、だれにでも「Life Is On」を実現します。
世界をリードするエネルギー技術、リアルタイムオートメーション、ソフトウェアとサービスを「ビル、データセンター、電力インフラ、工場」向けに統合し、効率化と持続性を可能にするエネルギーとオートメーションのデジタルソリューションを提供しています。

私たちは、意義深い目標と包括的で実行力を伴う価値観をもって、オープン、グローバル、そして革新的なコミュニティの発展に尽力します。

www.se.com/jp