現在地

リアルタイム処理

プログラマブル表示器

IoTトータルソリューション
リアルタイム処理

現場で今の状況を可視化し、いち早く異変に対処したい…

Pro-faceの産業用コンピューターと
BLUE Open Studioをご提案

日々の生産状況や設備の稼働状況を収集し、リアルタイムに可視化。待ち時間やボトルネック工程の状況を把握し現場で一元管理できます。また産業用コンピューターの画面以外に、離れた場所にあるパソコンやタブレット、スマホ、アンドンから複数人で確認できるため、エラー要因に素早く気付くことができ復旧を早められます。

現場の産業用コンピューターで
しきい値を設定して予知保全に活用

現場端末でしきい値と現在値を掛け合わせることで予知保全を実現。適切なタイミングでメンテナンスを実施できます。

関連事例

稼動管理をラクラク導入

BLUE Open StudioとAVEVATM Historianで解決!

 
 

 

 

製品カタログ

PS6000シリーズ

製造現場のDXを加速させる産業用コンピューター

BLUE Open Studio

エッジ領域に最適な小中規模向けSCADAソフトウェア

 


 

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせはシュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンターまでお気軽にご相談ください。

シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンター