SP5000シリーズ、SP5000Xシリーズ対応 J1939ユニット販売開始のお知らせ

平素は弊社製品に格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございます。

このたび、SP5000シリーズとSP5000Xシリーズに対応のフィールドバスユニットオプション J1939ユニットを販売開始いたします。

 

J1939とは?

J1939は、SAE(Society of Automotive Engineers)によって推進されている通信プロトコルであり、トラック・バスや建設機械車両など、大型車両業界向けに設計された産業用ディーゼルエンジン制御に広く使用されています。

特長

後付けで簡単にJ1939通信が可能

  • SP5000シリーズとSP5000Xシリーズのボックスモジュールに取り付けることで、J1939準拠のデバイスと通信できる(拡張規格には対応していません)
  • 画面作成ソフトウェア「GP-Pro EX」にて各種設定が可能

複数のパラメーターグループナンバー(PGN)に対応

  • 主要PGNは設定済み
  • 任意のPGNを追加できる
  • PGNのインポート/エクスポートが可能

製品情報

オプション

製品名 型式/グローバルコード 製品概要
J1939ユニット PFXZCHEUJ1 J1939通信ネットワークに参加し、他のJ1939準拠のデバイスとの通信を可能にするフィールドバスユニット
(拡張規格には対応していません)
フィールドバスユニット固定金具 PFXZCHFUFB1 フィールドバスユニットをボックスモジュールに固定する金具 (1 個入り)。
* メンテナンスオプション

対応ソフトウェア

製品名 対応バージョン 備考
GP-Pro EX Ver. 4.08.200以降 ご利用には専用の通信ドライバーが必要となります。
以下よりダウンロードをお願いいたします。

[通信ドライバー]SAE International J1939ドライバー
Pro-Server EX Ver. 1.33.000以降

対応機種

シリーズ ボックスモジュール ディスプレイモジュール
SP5000シリーズ SP-5B10 SP-5500TP
SP-5600TP
SP-5660TP *1
SP-5700TP
SP-5700WC
SP-5800WC
SP-5400WA
SP-5500WA
SP-5600WA
SP-5600TA
SP5000Xシリーズ SP-5B90 SP-5490WA
SP-5690WA
SP-5790WA *2
 

*1 J1939ユニットを使用する場合、ワイヤレスLANの機能は使用できません。

*2 2020年発売予定

関連ダウンロード

マニュアル 通信ドライバー