FAQ検索
>   言語を選択してください

SP5000シリーズ/ オープンボックス SP-5B40とSP-5B41の違いは何ですか?置き換えの手順は? 

旧オープンボックスと新オープンボックスでは以下のような違いがあります。

詳細仕様はSP5000シリーズハードウェアマニュアルをご参照ください。

 
旧オープンボックス
SP-5B40
新オープンボックス
SP-5B41
CPU Atom E6x0 1.3GHz
(シングルコア/デュアルスレッド)
Atom E3825 1.33GHz
(デュアルコア/デュアルスレッド)
L2 キャッシュメモリ 512KB 1MB
ビデオメモリ DDR2 SDRAM 2GB DDR3L SDRAM 2GB
メインメモリ 最大64MB (UMAメインメモリ) 最大256MB (UMA メインメモリ)
システムカード CFast カード: 16GB
空き容量
5GB
CFastカード: 32GB
空き容量: 約 17GB
ユーザー
ストレージ
CFastカード x 1
SDカード (SD, SDHC) x 1
CFastカード x 1
SDカード (SD, SDHC, SDXC) x 1
OS WES7 SP1
シリアル RS-232C/422/485 x 2
USB USB2.0 (Type A) x 3
USB2.0 (mini-B) x 1
イーサネット 10BASE-T/100BASETX/1000BASE-T x 2
拡張ユニット フィールドバスユニット x 1
ビデオ出力 DVI-D出力 x 1
 (VGA/SVGA/XGA)
DVI-D出力 x 1
 (最大WUXGA)
消費電力 35W 25W
外観寸法 188(W) x 131(H) x 35(D) mm


 ■置き換えの手順

 SP-5B40用のOSイメージ (システムカード)は、SP-5B41に使用することはできません。新たにOSイメージ (システムカード)を作成してください。
  1.  新オープンボックス(SP-5B41)にGP-Pro EXでHMIの画面データを転送します。
     
  2.  旧オープンボックス(SP-5B40)で使用していたアプリケーションを新オープンボックス(SP-5B41)にインストールし、必要なデータも移行してください。
     
  3.  新オープンボックス(SP-5B41)へデータ移行が完了したら、「バックアップ&リカバリツール」にてOSイメージ (システムカード)を作成し、バックアップデータとして保管してください。

     参考:  SP5000シリーズのシステムカードをバックアップしたい
 
 注意点
  • 新オープンボックス(SP-5B41)に旧オープンボックス(SP-5B40)のシステムカードを挿入した場合は、Windows起動後、画面が真っ暗になります。
     
  • 旧オープンボックス(SP-5B40)に新オープンボックス(SP-5B41)のシステムカードを挿入した場合は、Windows起動後各種ドライバアップデートが実行されます。
 
 
FA317495  |  25-1-2018
印刷
これは役に立ちましたか?
はい
いいえ
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?