現在地

熟練作業者の勘と経験をデータ化!株式会社みなと山口合同新聞社様が採用した原因追究の仕組みとは?

稼働率向上
プログラマブル表示器データ収集ソフトウェア
鮮度の高い新聞を提供するため、カラー刷り新聞を1時間当たり35万部印刷できる最新鋭印刷工場を保有。しかし、そんな最新鋭の設備であっても紙のハリ(テンション)バランスが悪くなると断紙トラブルが発生。熟練作業者の勘や経験を頼りに復旧作業が行われていましたが・・・
(続きはPDFをダウンロードしてください。)

関連製品

gp4000_series_top.png
Pro-faceのスタンダード表示器

関連製品(ソフトウェア)

現場の状況が、いつでもどこでも見える

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせはシュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンターまでお気軽にご相談ください。

シュナイダーエレクトリック カスタマーケアセンター