[通信ドライバー] Siemens AG TIA Portal Ethernetドライバー

概要

最終更新日:2021/8/31
掲載日:2016/7/28

詳細

ご注意
Windows Vista以降でドライバーを追加インストールする際の注意事項
タイトル Siemens AG TIA Portal Ethernetドライバー
バージョン Ver. 1.16.11
対応ソフトウェア 本ドライバーのインストーラーが対応するソフトウェアのバージョンは以下の通りです。
 
サポート機種 対応ソフトウェアバージョン
GP4100シリーズ(GP4114) GP-Pro EX Ver. 4.06.300以上
Pro-Server EX Ver. 1.31.000以上
GP4000シリーズ
GP4000Hシリーズ
SP5000シリーズ (SP-5B10)
SP5000シリーズ (SP-5B00) GP-Pro EX Ver. 4.08.200以上
Pro-Server EX Ver. 1.37.000以上
SP5000Xシリーズ (SP-5B90)
ST6000シリーズ GP-Pro EX Ver. 4.09.200以上
SP5000シリーズ(SP-5B41、SP-5B40) GP-Pro EX Ver. 4.05.100以上 
Pro-Server EX Ver. 1.31.000以上
WinGP対応のIPCシリーズ
WinGP対応の一般PC

※バージョン情報の確認は「ヘルプ」→「バージョン情報」でご確認ください。
サポート機器
  • S7-1200シリーズ
  • S7-1500シリーズ
サポート機種 機種によって対応バージョンが異なります。
GP-Pro EXの対応バージョンは、「GP-Pro EX 対応機種/バージョン」をご覧ください。

ドライバーの対応バージョンは以下の通りです。
サポート機種 ドライバー対応バージョン
GP4100シリーズ(GP4114) Ver. 1.11.01以上
GP4000シリーズ Ver. 1.11.01以上
GP4000Hシリーズ Ver. 1.11.01以上
SP5000シリーズ (SP-5B10、SP-5B00) Ver. 1.11.01以上
SP5000Xシリーズ (SP-5B90) Ver. 1.11.01以上
ST6000シリーズ Ver. 1.15.10以上
SP5000シリーズ(SP-5B41、SP-5B40) Ver. 1.10.00以上
WinGP対応のIPCシリーズ Ver. 1.10.00以上
WinGP対応の一般PC Ver. 1.10.00以上
機器接続マニュアル ご利用の際は必ずページ下の機器接続マニュアルをお読みください。
なお、機器接続に関する一般的な説明、マニュアル表記のルールに関しましては、「GP-Pro EX 機器接続マニュアル」をご覧ください。
アップデート内容

[Ver. 1.16.11] (2021/8/31)

以下の対応を行いました。
  • TIA Portal V17に対応しました。
注意事項 GP-Pro EX Ver. 4.06.000未満を使用する場合:
TIA Portalプロジェクトファイルを再インポートした後、表示器へプロジェクトを再転送する時は、必ず全転送で行ってください。
制限事項 インポートしたTIA Portalのプロジェクトデータサイズによって、GP-Pro EXのプロジェクトデータの転送に失敗するか、転送が完了した場合でも表示器起動時にエラーメッセージが表示されることがあります。
その場合、インポートしたいTIA Portalのプロジェクトから、使用しないタグを削除してから再度インポートを実行してください。
 

インストール方法(このファイルは自己解凍ファイルです)

上記の対応ソフトウェアがインストールされていることを確認し、常駐ソフトを含む全てのアプリケーションを 終了させてください。
  1. ページ下のファイル名をクリックし、任意のフォルダにダウンロードしてください。
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックし起動させてください。
  3. セットアップが始まりますので、指示どおりにインストールを行ってください。
  4. インストール後、GP-Pro EXを起動してください。
  5. 接続機器のメーカー「Siemens AG」の「TIA Portal Ethernet」を選択してください。
ご利用の際は必ずページ下の機器接続マニュアルをお読みください。
なお、機器接続に関する一般的な説明、マニュアル表記のルールに関しましては、「GP-Pro EX 機器接続マニュアル」をご覧ください。

ご利用条件 / 注意事項

以下の事項に同意いただいたうえで、ご利用ください。
ファイルをダウンロードされた時点で、同意いただいたものとさせていただきます。
ダウンロード ご利用条件 / 注意事項

<Internet Explorer 11または10をご利用のお客様へ>
ファイル名をクリックしてもダウンロードできない場合は、右クリック-「対象をファイルに保存」でダウンロード可能です。

ダウンロード

インストーラー :
33.58 MB (35,215,672Byte)
最終更新日: 2021/08/31
機器接続マニュアル :
661.47 KB (677,346Byte)
最終更新日: 2021/08/31
リファレンスマニュアル :
386.35 KB (395,623Byte)
最終更新日: 2019/07/19

更新履歴

[Ver. 1.16.11] (2021/8/31)

以下の対応を行いました。
  • TIA Portal V17に対応しました。
 

[Ver. 1.15.11] 

以下の対応を行いました。
  • エラーメッセージにタグ名を追加しました。
 

[Ver. 1.15.10]

以下の対応を行いました。
  • タグの編集ボタンを押すと異常終了する問題を修正しました。
  • 非対応のPLCタイプのタグをインポートした場合のエラーメッセージを追加しました。
  • ST6000シリーズをサポート機種に追加しました。
 

[Ver. 1.15.09] (2020/4/24)

以下の対応を行いました。
  • TIA Portal V16に対応しました。
  • 各PLCの新しいFirmwareバージョンとの通信に対応しました。
 

[Ver. 1.14.09] (2019/11/29)

以下の対応を行いました。
  • TIA PortalプロジェクトがFBインスタンスのメンバー内にFBインスタンスを持っている場合、それをインポートすると、GP-Pro EXが強制終了する問題がありました。
 

[Ver. 1.14.08] (2019/7/30)

以下の機能をサポートしました。
  • 既に登録済みのタグのインポートはスキップしていたのを上書きするように変更しました。
以下の対応を行いました。
  • Ver. 1.14.07にて複数のNodeを登録した場合に、アドレス範囲外エラーが表示しました。
 

[Ver. 1.14.07] 

以下の機能をサポートしました。
  • 必要なタグ情報のみをフィルタリングしてインポートすることでメモリの使用量を削減しました。
以下の対応を行いました。
  • TIA Portal V15.1に対応したことでインポートできないプロジェクトがありました。
 

[Ver. 1.14.06] 

以下の機能をサポートしました。
  • ファンクションブロック(FB)をデータ型として対応しました。
 

[Ver. 1.14.05] (2019/3/29)

以下の機能をサポートしました。
  • TIA Portal V15.1に対応しました。
  • グループを含むTIA Portalプロジェクトのインポートに対応しました。
以下の対応を行いました。
  • V1.13.02以降、データタイプ”Timer”を含むプロジェクトをインポートしたとき、選択したPLCがそのデータタイプをサポートしていないと、インポートが中断されました。
 

[Ver. 1.13.04]

以下の対応を行いました。
  • 個別機器設定ダイアログで、"編集"からタグをインポートすると画面上の部品に使用されている変数名がUndefinedになる場合がありました。
 

[Ver. 1.13.03] (2018/7/5)

以下の機能をサポートしました。
  • 個別機器設定ダイアログに、TIA Portal プロジェクトサイズのインジケータを追加しました。
 

[Ver. 1.13.02] (2018/5/14)

以下の機能をサポートしました。
  • TIA Portal V15に対応しました。
以下の対応を行いました。
  • TIA Portalのプロジェクトファイルのインポート時に、開けないプロジェクトファイルがありました。

[Ver. 1.12.02] (GP-Pro EX Ver. 4.07.300に含まれます)

以下の機能をサポートしました。
  • TIA Portal V14に対応しました。
 

[Ver. 1.11.02] (GP-Pro EX Ver. 4.07.000に含まれます)

以下の対応を行いました。
  • 名前の無い構造体がインポートできない。
  • TIA Portalのプロジェクトファイルのインポート時に、開けないプロジェクトファイルがありました。
 

[Ver. 1.11.01] (2017/3/13)

以下の機能をサポートしました。
  • GP4100シリーズ (GP4114)
  • GP4000シリーズ
  • GP4000Hシリーズ
  • SP5000シリーズ (SP-5B10)
以下の対応を行いました。
  • Group化されたデータブロックおよびPLCタグがインポートできませんでした。
 

[Ver. 1.10.00] (2016/7/28)

新規公開