パススルー機能インストーラー

概要

最終更新日:2019/6/26

詳細

ご注意
Windows Vista/7 にてドライバーを追加インストールする際の注意事項
タイトル パススルー機能インストーラー
バージョン Ver. 1.04.15
対応ソフトウェア GP-Pro EX Ver. 2.10.000以上
※バージョン情報の確認は「ヘルプ」→「バージョン情報」でご確認ください。
対応OS
  • Windows XP (32bit)SP2以降
  • Windows Vista (32bit)Service Pack問わず、全エディション
  • Windows 7 (32bit/64bit)Service Pack問わず、全エディション
  • Windows 8.0 (32bit/64bit)Service Pack問わず、全エディション
  • Windows 8.1 (32bit/64bit)Service Pack問わず、全エディション
  • Windows 10 (32bit/64bit)Service Pack問わず、全エディション
サポート機種 機種によって対応バージョンが異なります。
GP-Pro EXの対応バージョンは、「GP-Pro EX 対応機種/バージョン」をご覧ください。

パススルー機能の対応バージョンは以下の通りです。
サポート機種 パススルー機能サポートバージョン
GP3000シリーズ Ver. 1.00.00以上
LT3000シリーズ Ver. 1.00.00以上
GP4100シリーズ(GP4104) Ver. 1.01.07以上
GP4100シリーズ(GP4114) Ver. 1.04.10以上
GP4000Mシリーズ Ver. 1.01.07以上
GP4000シリーズ Ver. 1.01.08以上
LT4000Mシリーズ Ver. 1.02.08以上
SP5000シリーズ Ver. 1.03.08以上
WinGP対応のIPCシリーズ Ver. 1.00.05以上
WinGP対応の一般PC Ver. 1.00.05以上
マニュアル ご利用の際は必ず、ページ下の機器接続マニュアルをお読みください。
なお、対応しているドライバーは「パススルー機能について」をご覧ください。
アップデート内容

[Ver. 1.04.15] (2019/6/26)

以下の対応を行いました。
  • 仮想COMドライバーの有効/無効切り替え(デバイスマネージャ上の設定)に対応
補足 パススルー機能インストーラー トラブルシューティング」を参照してください。
 

インストール方法(このファイルは自己解凍ファイルです)

インストールを開始する前に必ず全てのアプリケーションプログラムを終了させてください。
  1. ページ下のインストーラーファイルをクリックし適当なフォルダにダウンロードしてください。
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックし起動させてください。
  3. セットアップが始まりますので、指示どおりにインストールを行ってください。
  4. インストール後、必ずコンピューターを再起動してください。
ご利用の際は必ずページ下の機器接続マニュアルをお読みください。
なお、機器接続に関する一般的な説明、マニュアル表記のルールに関しましては、「GP-Pro EX 機器接続マニュアル」をご覧ください。

ご利用条件 / 注意事項

以下の事項に同意いただいたうえで、ご利用ください。
ファイルをダウンロードされた時点で、同意いただいたものとさせていただきます。
ダウンロード ご利用条件 / 注意事項

<Internet Explorer 11または10をご利用のお客様へ>
ファイル名をクリックしてもダウンロードできない場合は、右クリック-「対象をファイルに保存」でダウンロード可能です。

ダウンロード

インストーラー :
10.36 MB (10,858,064Byte)
最終更新日: 2019/06/21
機器接続マニュアル :
728.53 KB (746,013Byte)
最終更新日: 2019/06/20

更新履歴

[Ver. 1.04.15] (2019/6/26)

以下の対応を行いました。
  • 仮想COMドライバーの有効/無効切り替え(デバイスマネージャ上の設定)に対応
 

[Ver. 1.04.14] 

以下の内容を改修しました。
  • 仮想COMドライバーのインストールに失敗した場合、再インストールに失敗することがありました
 

[Ver. 1.04.13]

以下の内容を改修しました。
  • 一部のウイルスチェックツールが誤検出する可能性があるため電子署名を付加しました
 

[Ver. 1.04.12] (2018/7/12)

以下の内容を改修しました。
  • 仮想COMドライバーのインストールに失敗することがありました
 

[Ver. 1.04.12] (2018/7/12)

以下の内容を改修しました。
  • 仮想COMドライバーのインストールに失敗することがありました
 

[Ver. 1.04.11] (2016/12/16)

以下の対応を行いました。  

[Ver. 1.04.10] (2016/4/8)

以下のの対応を行いました。
  • 「三菱電機(株) iQ-R/Fイーサネット」ドライバーをサポート
    ※パススルー機能は表示器をCPUユニット上のEthernetポートに接続している場合のみ使用できます。
    ※パススルー機能を使用するには、三菱電機株式会社 iQ-R/Fイーサネット Ver. 1.12.00 以上が必要です。
 

[Ver. 1.01.07] (2009/12/7)

以下の対応を行いました。
  • GP4100シリーズに対応
以下の内容を改修しました。
  • パススルー接続中にUSBケーブルの安全な取り外しを実行するとアプリケーションエラーが発生する
 

[Ver. 1.00.06] (2009/6/4)

以下の内容を改修しました。
  • イーサネット接続で使用の場合、ネットワーク上に存在しない表示器に対して接続を行っている(タイムアウト待ち)状態で「変更」「削除」ボタンを押下するとパススルー機能設定ツールが操縦不能になる場合がある
  • イーサネット接続で表示器を検索中にイーサネットケーブルが断線すると、パススルー機能設定ツールがアプリケーションエラーとなる場合がある
  • 三菱電機株式会社AシリーズでCPU直結ドライバーを使用して通信ができない
 

[Ver. 1.00.04] (2008/8/28)

以下の対応を行いました。
  • Windows Vistaに対応しました。
以下の内容を改修しました。
  • パススルー機能使用時にコンピュータをスタンバイやスリープ、休止状態に移行するとコンピュータがフリーズする
  • 表示器の検索中に再度検索動作を行うとパススルー機能設定ツールがフリーズする
  • イーサネットカードが複数枚存在するコンピュータ上で表示器を検索すると同一表示器が複数個検索される
 

[Ver. 1.00.03] (2018/5/29)

以下の内容を改修しました。
  • 複数のネットワークカードが存在する場合にパススルー機能設定ツールが強制終了する場合がある
  • 英語OSでの表示に脱字がある
 

[Ver. 1.00.02] (2008/4/8)

以下の内容を改修しました。
  • 仮想COMバスドライバーのインストール中にフリーズする
  • パススルー機能設定ツールとDDEクライアントを起動した場合にDDEクライアントの応答がなくなる
  • パススルー機能で接続中の表示器がオフライン状態へ移行した場合にパススルー機能での接続が復旧しない
 

[Ver. 1.00.01] (2007/5/31)

  • 新規公開
  • 仮想COMバスドライバー・仮想COMポートドライバーを本インストーラよりシステムへインストールできるようになりました
  • 仮想COMポートの数を設定できるようになりました
  • 仮想COMバスドライバーをインストールすると、他のCOMポートをAdministrator権限以外の ユーザ権限で使用できなくなる不具合を修正しました